体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10月19日開催“ご当地ビールオクトーバーフェスト”全31種の銘柄を紹介 どのビールを飲むか予習すべし!

看板2入稿データFIX

先日ガジェット通信でもご紹介した、全国のご当地ビールが約30種飲み比べできるイベント“ご当地ビールオクトーバーフェスト”。

【関連記事】日本全国約30種のクラフトビールが飲み比べできる! “ご当地ビールオクトーバーフェスト”10月19日開催決定
http://getnews.jp/archives/680628[リンク]

10月19日(日)の開催を前に、「約30種って結局は何種類なの?」「どんな銘柄が集まっているか知りたい!」というみなさんからのご要望(空耳)にお応えし、参加者が飲み比べをできるご当地ビールのラインナップを一挙に紹介しちゃいます! チェケラ!

オクトバーフェスト1−4

1.ペールエール(伊勢角屋麦酒)
グレープフルーツなどを思わせる柑橘系・シトラスの、爽やかな香りと、フレッシュな果汁を思わせる柔らかな甘い香り。後に残らないクリアな苦味が甘みの余韻をふくらませます。

2.ブラウンエール(伊勢角屋麦酒)
爽やかなホップの香りを、麦芽のもたらすカラメルやキャラメルのように優しく甘い香りが包み込みます。

3.スタウト(伊勢角屋麦酒)
滑らかで甘い口当たりに、カラメル香を感じながらコクやボディのほどよいふくらみが楽しめ、焦がした麦芽のシャープな苦味がすっきりと引き締め、味わいをまとめあげます。

4.牡蠣のスタウト(いわて蔵ビール)
三陸広田湾産の牡蠣を使用した黒ビール。オイスターのデリケートな潮の香りとスタウトの強い麦芽風味が、口の中で絶妙なハーモニーを奏でます。

オクトバーフェスト5-8

5. かぼちゃエール(いわて蔵ビール)
一ノ関産の糖度の高いかぼちゃ「南部一郎」を使用。果物のように甘く、生でも食べられかぼちゃです。かぼちゃの皮がほんのり苦味を加え、すっきりとした味わいです。

6.ジャパニーズハーブエール山椒(いわて蔵ビール)
エール系ビールと一ノ関産の山椒の実を使用したビール。山椒の香りがビールの麦芽、ホップ、アルコールと混ざり、すーっとする新感覚が味わえます。

7.キャプテンクロウ(オラホビール)
通常の倍以上のホップを使用し、鼻孔に直接伝わるホップアロマと飲み心地を邪魔せず2杯目を誘うビターな味わいが特徴です。

8.ペールエール(オラホビール)
最高級のモルト(麦芽)、ホップ、酵母を東御市の穏やかな気候と美味しい水によって醸造された麦芽100%のオリジナルビールです。(ホップの香りタイプ)

オクトバーフェスト9-12

9.アンバーエール(オラホビール)
最高級のモルト(麦芽)、ホップ、酵母を東御市の穏やかな気候と美味しい水によって醸造された麦芽100%のオリジナルビールです。(芳醇タイプ)

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。