ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SanDisk、SDカードで容量を拡張できるWi-Fi内蔵の小型ワイヤレスストレージ「SanDisk Connect Wireless Flash Drive」の32GBモデルを10月下旬に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フラッシュメモリの大手 SanDisk は 10 月 16 日、Wi-Fi 内蔵の小型ワイヤレスストレージ「SanDisk Connect Wireless Flash Drive」の 32GB モデルを 10 月下旬より国内で発売すると発表しました。価格はオープンで、国内では携帯電話専門ショプや Apple Store(11 月)で販売されます。SanDisk Connect Wireless Flash Drive は、無線 LAN 機能とフラッシュメモリを内蔵した小型デバイス。Wi-Fi ネットワークを介して最大 8 台までのスマートフォンやタブレットなどとデータを送受信でき、最大 5 台の端末にメディアを同時にストリーミングできます。ストレージ容量は SD / SDHC / SDXC カードで拡張可能。内部にバッテリーを搭載しており、フル充電で最大 4 時間は電源接続なしでも利用できます。スマートフォンやタブレットで利用する場合は Google Play ストアから専用アプリをインストールする必要があります。アプリでは、Connect Wireless Flash Drive のファイルを閲覧・管理することや、メモリ上のメディアファイルをストリーミングすることができます。通信範囲は約 30m です。Source : PRTIMES


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Cortex-A57 / A53の64bitオクタコアプロセッサ「Exynos 7 Octa」シリーズを発表
Android 5.0(Lollipop)は端末の不正なファクトリーリセットを防止する“キルスイッチ”機能を搭載
英国のXperia Storeが「SmartWatch 3(SWR50)」の発売予定を11月16日に延期

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。