体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お嬢様芸人“たかまつなな”が編集部にやって来た! どうしても紹介したい国際協力のための音楽イベントとは?

IMG_6182

「お嬢様芸人で有名な“たかまつなな”さんが、ガジェット通信編集部に来たいと言っている。しかも、“外務省”やら“国際協力”やらのイベントを紹介したいらしい」との話を受けた筆者。そんなお堅い情報が自分の手におえるだろうかという不安と、有名人に会いたいというミーハーな気持ちを半分ずつ抱え、編集部にたかまつななさんをお迎えすることにしました! 彼女は実生活でも本当に「ちょっとお茶を摘みに行ってまいります」って言うのかなぁ。

しかし、たかまつななさんと言えば、中学・高校をフェリス女学院で過ごし、現在は慶応義塾大学の総合政策学部に所属する超エリート。趣味は“社説読み比べ”や“論文執筆”という、ガジェット通信には似つかわしくないお方です。果たして、彼女が紹介したいイベントとは……?

たかまつななさんご登場!

IMG_6239

たかまつななさん(以下、たかまつ):ごきげんよう~。たかまつななです!

――はじめまして。ガジェット通信ライターの……、

と言いかけたところで、たかまつさんはご自身の名刺を差し出しました。芸人さんで自分の名刺を持っているとは珍しいですね。挨拶を交わしただけで、テレビで見た通りの育ちの良いお嬢様という第一印象を受けました。

IMG_6246_1

たかまつ:よろしくお願いします!

――こちらこそよろしくお願いします。ん? 名刺に「お笑いを通して社会問題を発信したい」とありますが、これは?

たかまつ:昔から社会問題には関心があって、高校生の時に、“第14代高校生平和大使”という全国で10人くらいのメンバーに選ばれたりもしたんですよ。

――すごい経歴ですね。

たかまつ:ジュネーブの国連軍縮会議に赴いて、実際にスピーチをしたり、サレバ国連軍縮会議事務局次長と面会したりとか。それで今は、お笑いを通して社会問題とか国際問題を発信したいと思ってこの世界に入ったんです。

――急に飛躍しましたね(笑)。その頃からお笑いもされていたと思いますが、周りのご友人や親御さんの反応は?

たかまつ:かなり風変りだったと思います。両親は今でもお笑いに反対で、外交官とか新聞記者になって欲しいと言っています(笑)。

――余計なお世話ですが、現役の慶応大生なんですから、今からでも遅くないですよね?

たかまつ:それは言わないでください(笑)。両親にも毎日のように言われたり、ネタで使うフリップを破られたりしているんですから……。

――周りの芸人さんとは違った苦労をされているんですね……。

たかまつななさんが編集部に売り込みに来たワケは?

IMG_6196

――そういえば、今回わざわざお越しいただいたのも、国際協力に関連したイベントの紹介だとか?

たかまつ:はい。今年60周年を迎えたODA(政府開発援助)について、もっと若い人たちに知ってもらいたいということで、先日、『僕らが世界にできること』という日本初の外務省プレゼンツ情報バラエティ番組をオンエアしたんですね。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy