ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京・銀座のお一人様専用しゃぶしゃぶ店『しゃぶせん』が話題 / まさに孤独のグルメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気軽に入れて大ざっぱな店はたくさんあるが、気軽に入れてサービスも一流の店は限りなく少ない。

東京・銀座のお一人様専用しゃぶしゃぶ店『しゃぶせん』は、そんな店のひとつ。接客は上品かつスマート。そして真心がある店だ。混雑している時間をずらして、ランチタイムぎりぎりの時間に入ってみた。

広いフロアにテーブル席はなく、すべてがカウンター席。椅子に座ると目の前に小さな穴があり、そこに鉄鍋が埋め込まれている。まさに「お一人様専用」のしゃぶしゃぶ店。銀座にこんなユニークな店があるとは驚きである。

・一人でも入りやすい店作り
お一人様専用と言われて入るが、2~4名でくる人も多いようで、お店としては「多人数でも歓迎だが一人でも入りやすい店作り」をコンセプトに営業していると思われる。

横並びに座って夫婦で食べている人もいれば、ひとりで食べているサラリーマンもいた。

・牛肉と豚肉を楽しめる
ランチタイムのメニューから「サービスランチ」(税込1697円)を選択。国産牛ロース50グラム、豚ロース50グラム、野菜盛り合わせ、ご飯(またはあずき粥)、シャーベットがセットになっている。

牛の産地が違うA牛ロースランチ(税込1286円)や、豚肉メインの豚ロースランチ(税込1234円)などもあった。

・タレはポン酢と胡麻
すべての肉は注文を受けてからスライスする。しかも客の目の前でマシーンを使ってスライスするので、見ているだけでけっこう楽しい。

タレはポン酢と胡麻があり、胡麻にはラー油をたらしても美味しいとのこと。

・牛ロースの美味しさを邪魔しない
牛ロースが特に美味い。ポン酢の酸味に角がないので、醤油と牛ロースの美味しさを邪魔していない。これはご飯が食べたくなるしゃぶしゃぶだ。

おかわりできるので、足りなかったら店員に伝えよう。

・牛タンも食べてみよう
牛タンのしゃぶしゃぶもあり、それは塩と胡椒をかけて食べるのがおすすめ。やや厚みがあり、強めの弾力が食感としておもしろい。

どんどんエキスが溢れてくるから、これまたご飯が食べたくなる。

・銀座の孤独なグルメを楽しむ
肉と野菜を食べ終えると、鍋のお湯を使ってスープを作ってくれる。これがまた絶品で、牛、豚、野菜のダシがきいてて美味。

それをゆっくりと味わい、余韻に浸りつつ銀座の孤独なグルメを楽しむのだった。

店名: しゃぶせん
住所: 東京都中央区銀座5-8-20 銀座コアB2F
時間: 11:00~22:00
休日: 不定休

記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP