ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たい焼き屋なのにラーメンが美味いと評判の店『名代たい焼き 福よし』に行く! 世界遺産にすべき味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たい焼き屋として人気がありながら、ラーメンも人気があるという不思議なたい焼き屋がある。

たい焼きも美味ければ、ラーメンも美味い。どちらも美味いのは凄いが、いちばん不思議なのは、たい焼き屋をやりながらラーメンを売っている点だ。

たい焼きがメインの店なので、たい焼きを焼いている最中はラーメンが作れないため、店を一時的に閉めるのである。

ここのラーメンは人気があるため、ラーメンを食べにきても閉まっている場合があるのだ。

その店は東京・池袋の『名代たい焼き 福よし』。たい焼きは歩道からカウンター越しに買うので、店内に入る必要はない。

もしラーメンを食べにきて閉まっていたら、カウンター越しにオバチャンに「ラーメン食べられますか?」と言えばいい。

ただし、外から見てオバチャンがガシガシとたい焼きを焼いているときは声をかけず、たい焼きが焼き終わるのを待とう。

店内に入るとメニューが渡され、ラーメンのほかにチャーハンなども売られていることがわかる。

チャーハンも食べたかったが、今回は味に定評のあるラーメンを注文。JR池袋駅前なのに490円という激安価格なのもいい。

もちろん、たい焼きも注文した。店内では、ラーメンやチャーハンを食べながらたい焼きも食べられるのである。

ラーメンをずずっと食べて驚いた。こ、こ、こ、これは最高に美味いんじゃあないか? 美味すぎるんじゃあないか!?

醤油の香ばしさを残しつつもクリアなスープは余計なダシも調味料もなく、必要最低限のシンプルな旨味。これそ醤油ラーメンの定番といった味だ。この店にファンができるのも理解できる味である。

醤油ラーメンとして、世界遺産にすべき味である。

ラーメンと一緒に食べた、たい焼きのクオリティにもビックリ。あんこがたっぷりのため、生地から一部がはみ出しそうになっている。

あんこが少しだけ外側に出るため、あんこも焼かれて香ばしくなり美味くなる。その味、自身でも確かめてみてほしい。

ラーメンとたい焼きでお腹いっぱいになったが、店から出てすぐにカウンターに向かい、お土産用のたい焼きを買った。

自分が美味しいものを堪能したあと、その味を持ち帰りできるというのは嬉しいものである。

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP