ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トレンドマイクロ、Android版「ウイルスバスターモバイル」をv6.0にアップデート、節電モードへの切り替えやメモリの解放、履歴の消去を行える「端末の最適化」機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トレンドマイクロは 10 月 15 日、Android 向けの統合セキュリティアプリ「ウイルスバスターモバイル」の新バージョン  v6.0 をリリースしました。v6.0 はメジャーアップデートとなるバージョンで、メイン画面が 1 ページで表示されるシンプルな構成に変わったほか、「端末の最適化」が新機能として追加されました。ウイルスバスターに追加された最適化機能は節電、メモリの開放、履歴の消去の大きく 3 つ。これらはタブで分かれており、メイン画面下部の「端末の最適化」メニューで利用できます。「バッテリー」タブでは通話と SMS 機能以外を切ってバッテリーを長持ちさせる「電話専用モード」と、Wi-Fi、3G / 4G、Bluetooth を特定の状態(画面 OFF や Wi-Fi 切断時)に自動で OFF にする「おまかせ ECO」の 2 つを選ぶことができます。「メモリ最適化」タブでは、起動中アプリを停止でき、「履歴消去」タブでは、WEB ブラウザや検索などの履歴を一括で消去できます。「ウイルスバスターモバイル」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
ワイモバイルがAndroid 5.0を搭載した「Nexus 6」の取り扱いを表明
Amazon.co.jpでFire OS 4.0やMT8135プロセッサを搭載した「Fire HD 6」と「Fire HD 7」が発売開始
Androidの公式サイトにAndroid 5.0版Galaxy S 5 GPEが登場、今後発売される?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP