ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 5.0(Lollipop)を搭載した8.9インチNexusタブレット『HTC Nexus 9』を正式発表、10月17日予約開始、11月3日発売(更新:価格追加)

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米Googleは米国時間10月15日、『Nexus』ブランドの Androidタブレット新モデルとなる HTC 製『Nexus 9』を正式に発表しました。

『Nexus 9』は10月17日より予約受付が行われ、11月3日に発売されます。日本での発売予定は今のところ不明です(公式プロダクトページは日本語版もあります)。

『Nexus 9』は、GoogleとHTCが共同で開発した Android 5.0 (Lollipop)用に設計した新型『Nexus』タブレット。HTC と提携したのは『Nexus One』以来ですよね。待ってました!

『Nexus 9』は、8.9 インチ 2048×1536 ピクセル(4:3)の IPS液晶ディスプレーを搭載した大画面タブレットなのですが、薄いベゼル幅の狭額縁デザインを採用しています。プロセッサはNVIDIA Tegra K1 2.3GHzデュアルコアを採用。このプロセッサのCPUは32bit / 64bitに対応しており、特にアプリの実行性能やマルチタスキングの性能が向上しています。外装では、つや消しメタルのフレームとマット仕上げのバックパネルを採用しており、高級感ある外観ながらも、手になじむものとなっています。カラバリはIndigo Black、Lunar White、Sandの3色。また、前面にはHTCスマートフォン独自のBoomSoundフロントステレオスピーカーを搭載しており、音楽や動画の音をステレオで視聴できます。バッテリー容量は 6700mAh です。

Googleは『Nexus 9』をノートPCのようにして利用できるマグネット式キーボードも発表しました。角度を変えてタイピングできます。もちろん、スタンドとしても機能します。

『Nexus 9』のラインアップは 16GB / 32GB ストレージの Wi-Fi モデルと 32GB ストレージのLTEモデルの計3モデル。米国価格は、Wi-Fi 16GBが$399、Wi-Fi 32GBが$479、LTE 16GBが$599 となっています。

OS:Android 5.0(Lollipop)
筐体サイズ:228.25 x 153.68 x 7.95mm、425g(Wi-Fi) / 436g(LTE) 
ディスプレー:8.9インチ2560×1536ピクセル、IPS液晶
プロセッサ:NVIDIA Tegra K1 2.3GHzデュアルコア、Kepler DX1 GPU
メモリ:2GB RAM、16GB/32GB ROM、Micro SD非対応
カメラ:背面に800万画素、前面に160万画素
ワイヤレス機能:
バッテリー:6700mAh
その他:
カラバリ:Indigo Black、Lunar White、Sand
Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 4も ちゃんとAndroid 5.0(Lolllipop)にアップデートされます
Sony Mobile、「Xperia スタイルカバーウインドウ」アプリをGoogle Playストアにリリース
Nexus 6は北米モデル(XT1103)とグローバルモデル(XT1100)がまず発売、グローバルモデルはFOMAプラスエリアなどに対応

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP