体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恵比寿新フェスにAZUMA HITOMI追加、豪華アクト並ぶタイムテーブルも明らかに

恵比寿新フェスにAZUMA HITOMI追加、豪華アクト並ぶタイムテーブルも明らかに

11月1日(土)~3日(月)に恵比寿ガーデンプレイスを会場とし、ライヴ、トーク、プレゼンで音楽を楽しむ・知る・考える、新エンタメ・フェス〈YEBISU MUSIC WEEKEND〉が開催される。その出演者第7弾およびタイムテーブルが発表された。

今回の発表ではライヴ・アクトとしてAZUMA HITOMIの出演と、2つのトーク・セッションの追加、新しい音楽サービスや大学によるプレゼンテーション枠の全容が明らかに。AZUMA HITOMIはイベント最終日の11月3日(月)にザ・ガーデンホール/ロビーステージに登場する。

また、ピーター・バラカンと映画監督のハンス・フェルスタッドが「50年前の海賊ラジオ放送局が今に問う、音楽との出会い」をテーマにトークを行うほか、ビルボードジャパンの磯崎誠二、音楽プロデューサーの佐藤譲らによる「ヒットって、何ですか?」など豪華な2セクションがトーク・セッションに追加された。

さらにライヴとトークとは別に行われるプレゼンテーションとして、プチリリ×Lyric Speaker 、CD baby JAPAN、京都精華大学、尚美学園大学、Peatixが登場することがわかった。ほかのフェスとは異なり、さまざまな形式で音楽を楽しみ、知り、考えることができるイベントとなりそうだ。

なお同イベントではすでに、細野晴臣、OGRE YOU ASSHOLE、ZAZEN BOYS、大森靖子、BELLRING少女ハートなどのライヴ出演、岡村詩野×田中宗一郎、津田大介×西寺郷太×加藤貞顕によるトーク・セッション開催などが発表されている。今回ついにタイムテーブルが明らかになったので、ぜひオフィシャル・サイトをチェックしてみてほしい。(鶯巣大介)

・〈YEBISU MUSIC WEEKEND〉オフィシャル・サイト
http://musicweekend.jp/

〈YEBISU MUSIC WEEKEND〉
会場 : 恵比寿ガーデンプレイス (ザ・ガーデンホール、ザ・ガーデンルーム、STUDIO 38の3会場)
日時 : 2014年11月1日(土)、2日(日)、3日(月・祝)
OPEN / START : 12:15 / 13:00

出演 :
11月1日
トークセッションのみ
(トーク)

・『音楽でできた人生をあゆむということ』
出演:麻田浩(Tom’s Cabin代表 / SXSW Asia代表) / 北中正和(音楽評論家)

・オトトイの学校 presents『Arts and Lawの、今勉強する、音楽の著作権!!!』
出演:藤森純(Arts and Law弁護士 ) 聞き手:飯田仁一郎(オトトイの学校)

・『個性的すぎる才能とつきあう方法 ~精神科医が明かす、才能育成・マネジメント法~』
出演:本田秀夫(医学博士) 聞き手:高階經啓(LENZ LLC.代表) / 手島将彦(ミューズ音楽院)

・『音楽で食わずに、音楽と生きる ~Wキャリアがもたらす世界~』
出演:レジー(音楽ブロガー / “レジーのブログ”) / 白木裕也(引力レコーズ) / ウエムラケイ(シンガー) 聞き手:安西正史(パソナ ミュージックメイト リーダー)

11月2日
(ライブ)
細野晴臣 / Soggy Cheerios / OGRE YOU ASSHOLE / THE NOVEMBERS / 黒木渚 /トクマルシューゴ / UNCHAIN / ゆるめるモ! / ミツメ / 森は生きている /BELLRING少女ハート / Babi(Special DSD Recording Live!!!) / 水曜日のカンパネラ / Yogee New Waves / NATURE DANGER GANG / コッテル / 杏窪彌

(トーク)
・THE FUTURE TIME presents『今、どういった詩が必要とされているのか』
出演:後藤正文(THE FUTURE TIMES編集長 / ASIAN KUNG-FU GENERATION) / 和合亮一(詩人)

・『音楽を届ける新しいチームづくり ~THE NOVEMBERSのマーケティングのすべて~』
出演:小林祐介(THE NOVEMBERS Vo&Gt / MERZ代表) / 高野修平(トライバルメディアハウス シニアプランナー/サブマネージャー) 聞き手:ジェイ・コウガミ(音楽ブロガー / “All Digital Music”)

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会