ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

心のモヤモヤ、ストレスを消すための3つの方法

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 恋愛などの人間関係、仕事、お金など、私たちはさまざまなことで「悩み」を抱えますが、人に相談できるうちはまだいい方で、何年も苦しい思いを続けているのに、誰かに話すこともできないという深刻な悩みもあります。
 
 悩みを抱え込みつつ、「悩んでいる自分」に幻滅してまた悩む…。こんな悪循環に陥っている人の味方になってくれるのが『22世紀的「人生の攻略本」 起こることは全部マル!3時間で新しい自分になれるワークブック』(ひすいこたろう、はせくらみゆき/著、ヒカルランド/刊)です。
 
 今回は本書から、「悩み」からくる苦しさやストレス、心のモヤモヤから解放されるための方法をいくつか紹介します。

■「悩んでいる自分」を受け入れる
 もし、あなたがあまりにも色々なことで悩み、いつも何か心配事があるような状態なら、「悩んでいる自分」を受け入れてしまうことで気持ちが軽くなるかもしれません。
 具体的には、「悩みが自分につきまとってくる」という考え方をやめて「自分は悩むことが好きなんだ」と考えてしまうのです。
 「悩むことが好きで、自分から進んで悩んでいる」と発想を転換すれば、悩みはあなたを苦しめるものではなく、あなたを成長させるステップに変わるはずです。

■「今」に意識を集中する
 「悩み」とは具体的にいえば「未来への不安」と「過去への後悔」に尽きます。
 でも、私たちが生きているのは「今」。
 「今」の地点から見れば、「未来」「過去」も存在しませんから、本来なら不安とも後悔とも、もちろん悩みとも無縁のはずです。
 自分が生きている「今」だけに心を向けて、集中していれば、悩みをストレスとして感じることは減ります。

■悩みが消える魔法の言葉
 もし、何を試しても悩みが消えず、心がもやもやしたままなら、こんな「開き直り」が有効かもしれません。
 それは、自分が悩んでいることの後ろに「それが何か?」をつけるというもの。
――つい食べすぎて、ダイエットが続かないんですけど「それが何か?」
――親とうまくいっていないんですけど「それが何か?」
――学校に行きたくないんですけど「それが何か?」
 というように、「それが何か?」をつけることで、ひとまずは悩みを受け入れることができます。
 自分の状況を受け入れられないからこそ、悩みは苦しいものなのだと考えると、「それが何か?」と開き直ることは悩みから解放される第一歩だといえそうです。

 本書には、人が悩みから解放されて、生き生きと、ワクワクしながら生きていくための心の持ち方、考え方がまだまだ取り上げられています。
 
 今考えても仕方ないことや、自分にはどうしようもないことでいちいち悩んでいるのは損!そんな自分を変えるために、本書はきっと役立ってくれるはずです。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
イラッとした時の3つの対処法
成功者が必ずやっている「苦手な人」克服法とは?
「あいつよりましだ」は思考停止のはじまり

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP