ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あさイチ「セクハラ特集」でイノッチ金言 有働アナ「涙」のフォローにネット共感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月15日朝に放送されたNHKの情報番組「あさイチ」で司会の井ノ原快彦さんが発した言葉が、ネットで話題となっている。同じ司会の有働由美子アナウンサーに毎回「結婚ネタ」が振られることに苦言を呈し、女性を中心に共感の声があがっているのだ。

この日の番組は「知られざるセクハラ」を特集。最近、40~60代女性が受ける「セクハラ被害」が多くなっているという調査結果を紹介した。
「面白いからといって全部振るのはどうかと思う」

「被害が増えたり、エスカレートしている」と回答した女性からは、「からだを触られる」「性的冗談を言われる」「からだの特徴に関する話をされる」といった被害のコメントが寄せられた。番組は、この背景について、

「年を重ねた人は、セクハラをしても騒がないだろう」

という加害者の心理があるのでは、と分析。実際、被害者の3分の1は「セクハラにあっても相談しない」と回答し、仮に相談したとしても「自意識過剰なのでは?」と共感してもらえないことが多いようだ。

この問題について語り合う中で、井ノ原さんが有働アナにこんな一言を発した。

「返しがうまくて面白くしてくれるからって、縁結びとかそういうネタのときに、有働さんに全部振るのも俺はどうかと思う。この番組でも、結構思うこと多いよ」
「この人が強いから言っていいとかじゃなくて、相手がどう思うかを常に考えないと。そのつもりがなくても、加害者になっちゃう」

45歳独身女性の有働アナを思いやった発言に、番組では「泣かせる~~! しばらく有働さん映らなかったから、もしかして泣いていたかな」という視聴者のFAXが紹介された。有働アナは笑いながらも、「泣いておりました」と井ノ原さんの発言に感動したことを明かしている。
「キャラづけ」された女性から悩みの告白も

こうしたやりとりに、ネットでは共感する声が広がっている。ツイッターでは井ノ原さんに対し、「めっちゃかっこよかった」」「伝える言葉の選び方、話し方も素晴らしい」「男も惚れるわ!と絶賛の嵐だ。

中には有働アナと同じような立場で「キャラづけ」されてしまう女性から、悩みの告白もあった。

「自分たちの有働アナに対する発言が、世間一般の女性に通用するわけじゃない。当事者の関係性で成立する発言が、どの異性間で成立するするものではない。その通りです」

「女性でお笑い担当とか下ネタわかる認定されちゃうと、ずっとそういう扱われ方するもんね。それをプラスみたいに言われると、嫌な時があっても、もう拒否出来なくなる」

有働アナは、これまで40代独身女性を代弁した発言が共感を呼ぶ一方で、番組の中では「妙にオトコに反応するけど」などと、イケメン・婚活ネタなどで共演者からいじられるのが定番となっていた。

あわせてよみたい:カオスすぎる「職場いじめ」の相談事例

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP