体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.6 大貫亜美(PUFFY)×オカモトコウキ(中編)

amikouki3

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第6弾は、オカモトコウキがサポートギターとしてライヴに参加した経験もあるPUFFYの大貫亜美が登場。コウキの身体に流れるPUFFYの音楽について、大貫の音楽遍歴、そして互いの共通点について、楽しくゆるやかな対談と相成りました。

 (前編より続き)

―亜美さんは今でもよくライヴに行かれてますもんね。

亜美「あれも最近なんですよ。仕事でそういうリサーチをしなきゃいけないかなと思ってるものがあるのと、UCARY(& THE VALENTINE)ちゃんと仲良くなったのもありますね。若い子だと必ず何バンドかでやるじゃないですか。あまりワンマンがないから『こういうのもあるんだ、勉強になるなあ』って。リハの時から見せてもらって、『ここの音がこうなんだけど』とか言ってるのを『ほう、こだわりますなあ』って聞いてる(笑)」

コウキ「あのシステムは独特ですよね。ノルマを払ってライヴさせてもらうんですけど、メロコア4バンドの中に俺ら1組だけ入れられてわけわかんないラインナップになったり、そういう経験を沢山しました(笑)。段々知り合いが増えたり、自分たちに合った方向性になったりしていくのも面白いですね」

亜美「日本のインディを通ってないからそのあたりがわからないんだけど、学生時代はSKID ROWとか、Judas Priestのライヴに行ってたよ。次の日は首が痛いとか言って(笑)」

コウキ「ヤバい(笑)。でもそんなハードな音楽が好きだったのに家が好きなところも似てるんですよね」

亜美「うん、インドアな感じ」

―コウキくん、あまりそうは見えないですけどインドアなんですね。

コウキ「普段は無理してるんです(笑)」

亜美「私もUCARYちゃんと出会わなかったら本当にインドアな生活だった(笑)」

コウキ「今度あそこに行きましょうよ。手芸の……」

亜美「あ、ニットカフェね(笑)。行こうよ!」

―え、それ何ですか?

亜美「編み物好きが集まるカフェがあるんです。皆がもくもくと編み物するという。友達同士で行けばおしゃべりしたりしつつもくもくと編む、という(笑)」

―コウキくんは編めるの?

コウキ「編めないですね」

亜美「教えてあげるよ。指でも編めるから」

コウキ「いいっすね。あ、でも俺、あの缶みたいなのに割り箸をこうやって通していってマフラーができるみたいなやつをやったことあります(笑)」

亜美「ああ、リリアン的なのね(笑)。じゃあそれやろうよ」

コウキ「紐を途中で結んで色を変えたりして、レインボーカラーのマフラーを作った事もありますよ」

亜美「すごいじゃん!」

―普段から行ってるんですか?

亜美「前に取材で1回行って、この空間は絶対自分に合ってるなって思ったんです。漫画喫茶よりも好きかもって」

―いや、亜美さんが漫画喫茶にいたら危険ですって(笑)。

亜美「行きたくてしょうがないんだよ。未だに1人で行ったことない!」

コウキ「一緒に行きましょう(笑)。あと、亜美さんからは面白いアニメや(LINE)スタンプを教えてもらって盛り上がるんですよ」

亜美「この間、誕生日の時にコウキくんが1個くれて」

コウキ「(スタンプを見せながら)この”ヒロシ”ってスタンプが、才能が爆発してるんです(笑)」

―本当だ(笑)。亜美さんは編み物もですけど、本当に多才ですよね。絵本を書いたり、翻訳もすれば、『小説すばる』にも連載があって。小説や絵本には元々興味あったんですか?

亜美「好きなことではあったけど、まさかそれを仕事にしてくれるなんて思わなかったから、そんなに真面目にやったことはなくて、全部広く浅くです(笑)。秀でたものはないです」

―いやいや、あの絵はかなり響きましたよ。歌詞もユニークで、ヴァリエーションもあるし。

亜美「そうかなあ(笑)」

コウキ「うん。それもあるんですか、それもあるんですかという自分の知らない世界を教えてもらえるのは面白いですね。中でもニットカフェの話は衝撃でした(笑)」

——好奇心の塊なんですね。

亜美「いやー、どうなんだろう。でも今はあえて色んなものに興味持とうとは思ってます」

コウキ「そういうターム、ありますよね。色んな人と会って色んな話をしたり、新しいものを見た方がいいのかなって思う時期。でも別にずっと家に居ても変わらないなと思ったり。ずっとその繰り返しって感じがする」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。