ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ・アマ問わずにエントリー可能! クラウドファンディング『READYFOR』が1億円達成目標のプロジェクト募集スタート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本最大のクラウドファンディングサービス『READYFOR』が、『みんなでかなえる1億円プロジェクト』の募集をスタート。個人はプロ・アマ問わず、企業・団体も対象で、他薦もOK。さらには既に発表済みのプロジェクトも応募可能となっており、金額の規模が大きいこともあり注目の企画となっています。

2011年3月よりサービスを開始している『READYFOR』では、1350件のプロジェクトが立ち上がり、57000人から約7億5000万円の資金を集めることに成功。特に地域活性化や文化事業の分野の資金調達の手段として存在感を見せています。とはいえ、海外では1億円を超えるプロジェクトが実現するケースも少なくなく、日本におけるクラウドファンディングの可能性を広げるために今回の企画を実施するといいます。募集期間は2014年12月14日23時59分まで。

『1億円プロジェクト』には、クリエイティブ・ディレクターの箭内道彦氏をはじめ、土屋敏男氏、佐々木俊尚氏、佐藤尚之氏、上田壮一氏がスペシャルキュレーターとして参加。応募されたアイディアの中から優れたものを選び、実現をサポートするとのこと。
土屋氏は「ほんとにスゴいアイディアは最初から支持されないのでは。多数決では見つからないプロジェクトを選びたい」と抱負を述べる一方、佐藤氏は「予算が大きいと力が入りすぎてショボい企画になりがち。大きなことを無理やり考えるのではなく、家族や友人が笑顔になるように企画する方がよくなる」とアドバイス。上田氏も「1億というと、ひとり1万円として1万人、3万円だと3000~4000人になるので、それだけ多くの人に伝わるプロジェクトということだと考えてみてほしい」と、自身も『READYFOR』でプロジェクトを実施した経験を踏まえて、共感がカギになると語ります。
作家・ジャーナリストの佐々木氏は「クラウドファンディングで1億円集めるというのは新しい時代の”ジャパニーズ・ドリーム”。優秀な若い人はほっといても前に進んでいくけれど、そこからこぼれ落ちてしまう人をどうやって救われていくのか、考えて欲しいと思う」と、企画の意義を強調していました。

2014年10月14日に東京大学伊藤謝恩ホールで開催された『READYFOR OF THE YEAR 2014』では、成功プロジェクトの表彰が行われ、大賞には東京おもちゃ美術館館長・多田千尋氏の『沖縄の大自然に「森のおもちゃ美術館」を皆で作ろう!』を選出。そのほか優秀賞2件、部門賞14件、特別賞7件が選ばれました。

多田さんは、沖縄県国頭村でのプロジェクトの実現に向けて1200人に情報のシェアを呼びかけるメールを出したといい、「相当汗をかかなければいけず、これは”ドブ板”ファンディングだと。クラウドファンディングの印象が変わりました」とスピーチ。やはり、お金を集めるにあたっては相当な努力が必要なようです。

イベントでは、優秀賞に輝いた『70年の時を越えて、幻の国産車「ころがね四起」復元計画始動』の実行者の小林雅彦氏や、『若者無業者白書』の刊行資金を調達したNPO育て上げネット代表の工藤哲氏、大阪の病院で霧とシャボン玉を飛ばすアートプロジェクト『霧はれて光きたる春』を実行したハナムラチカヒロ氏、宮城県気仙沼の高校生が考案した『なまり節ラー油』の商品化を企画した『i・club』代表の小川悠氏、同姓カップルの里帰り結婚式を実現したピンクドット沖縄共同代表の砂川秀樹氏のプレゼンテーションがあり、『READYFOR』でお金を集めることになった経緯やプロジェクトの社会的な意義について説明がありました。
『READYFOR』の米良はるか代表は「自分が一歩踏み出したい時にアクションをできる社会を本気で実現したいと思っています」といい、”スペースシャトルに乗って宇宙に行けるのでは””自分たちのバンドでも武道館ライブできるのでは””世界中で児童虐待に反対するキャンペーンができるのでは”というアイディアを「夢を夢で終わらせないためには実現することが大事」と、『1億円プロジェクト』への参加を呼びかけています。アイディアベースで誰でも参加可能という敷居の低さでもあるので、やってみたいということが明確ならば、ひとまず一歩を踏み出してエントリーしてみてはいかがでしょうか。

みんなでかなえる1億円プロジェクト (READYFOR)
http://1oku.readyfor.jp/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP