ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性監督のコワイ短編大集合『東京スクリームクイーン映画祭』開催! 『ムカデ人間』のあの人も……[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今年のハロウィンの予定は決まりましたか? 渋谷アップリンクでは、昨年に続き『東京スクリーム・クイーン映画祭』の開催が決定しております。
ここでの“スクリーム・クイーン”はホラー映画の出演女優ではなく、ホラー作品を監督する女性監督のこと。そう、まだまだ数が決して多くない“女性監督によるホラー作品”が一堂に会するのが、『東京スクリームクイーン映画祭』なのです。

今年は世界12カ国から集めた27本の短編作品を上映。ほとんどがアジア初上映となるレアな作品がずらり勢揃い。短編だからサクッと観られていいかも?なんて油断してちゃあいけません。「小粒ながら刺激の強い作品を揃えました」とのことですので、覚悟はしっかり決めておいてくださいね……。

上映プログラムはABCに分かれており、行く日によって観られる作品が変わります。
プログラムCで上映される『コール・ガール』に、映画『ムカデ人間2』のローレンス・R・ハーヴェイが主演しているのも見どころのひとつ。彼の出演する『ムカデ人間3』の公開情報が聞こえてこない!とやきもきしているあなたは、ひとまずこちらを観に行きましょう! ムカデはよ!!

どの日に行くか迷ってしまいますが、公式Facebookページでは各作品の紹介も行われていますよ。乱歩の『人間椅子』をヒントにしたカナダの『人間卓子』、メキシコ生まれの監督が手がける拷問殺人モノ『マタドール』など、なかなか容赦なさそうで気になりますねぇ。

毎年お祭り騒ぎになるハロウィンの渋谷、今年はこんな映画祭で楽しんでみてはいかがでしょうか?

<東京スクリーム・クイーン映画祭>
■会期:2014年10月25(土)〜10月31日(金)
■会場:渋谷アップリンク

■料金
一般1800円/UPLINK会員1600円
『ホラ友割』:3名様以上で来場すると一人1500円
『ホラー・ラバーズ割』:カップルで来場すると一人1500円

公式Facebook:https://www.facebook.com/ScreamQueenFilmfestTokyo

【プログラムA】(97分)

<上映作品>
『ロンリー・ガール』(オーストラリア)
『東京ハロウィンナイト』(日本)
『ネクロマンサー』(アメリカ)
『エンスト』(カナダ) ・・・and more(計9作品)

<上映日程>
・10月25日19:00の回上映終了後Q&Aあり
ゲスト:岡田 まり 監督(『東京ハロウィンナイト』)
・10月27日(月) 20:30の回

【プログラムB】(96分)


<上映作品>
『マタドール』(カナダ)
『ドッペルゲンガー』(台湾)
『精肉店』(スペイン)
『カモフラージュ』(インドネシア)
・・・and more(計9作品)

<上映日程>
・10月26日(日)17:30の回上映終了後Q&Aあり
ゲスト:EMI KAMITO(女優『マタドール』)L.Aより来日
・10月28日(火) 20:30の回
・10月30日(木) 20:30の回

【プログラムC】(96分)


<上映作品>
『悲しみの家』(メキシコ)
『ガールファイト』(カナダ)
『DUMP』(日本)
『コール・ガール』(アメリカ)
・・・and more(計9作品)

<上映日程>
・10月26日(日)20:00の回上映終了後Q&Aあり
ゲスト:河野 如華(監督『DUMP』)
・10月29日(水) 20:30の回

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP