体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.6 大貫亜美(PUFFY)×オカモトコウキ(前編)

amikouki2

 

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第6弾は、オカモトコウキがサポートギターとしてライヴに参加した経験もあるPUFFYの大貫亜美が登場。コウキの身体に流れるPUFFYの音楽について、大貫の音楽遍歴、そして互いの共通点について、楽しくゆるやかな対談と相成りました。

 

 

 

——まずはお2人の出会いから聞かせてください。

コウキ「PUFFYのカヴァーアルバム(『PUFFY COVERS』)でOKAMOTO’Sが1曲(“ジェット警察”)カヴァーさせてもらったのが最初の接点ですかね。ただその時は会ってはいるものの、ちゃんとお話はしてないんですよね」

―あ、そうなんですね。PUFFYのカヴァーアルバムには色んな方が参加されていましたが、ご自身もセレクトには関わられたんですか?

亜美「はい。会社のルールもあって意外と頼める人も限られていた中で、OKAMOTO’Sにはやってもらいたいって話し合ってましたね」

―じゃあその頃からOKAMOTO’Sの存在は知っていたんですね。

亜美「OKAMOTO’Sのチーフマネージャーが、PUFFYをずっとやってくれてた人なんです。まだOKAMOTO’Sが事務所に入る前に、彼が『すげえ奴らがいる!』って沸いてて」

コウキ「えっ、そうなんですか!? 俺らにはその沸き具合を全く見せてくれないんですけど(笑)。でも亜美さんは俺らのことをそんな昔から知ってくれてたんですね」

亜美「うん。それでマネージャーから音源もらって、『こういう感じだったんだあ、なるほど! 納得!』って」

―それは初期の頃の音源ですよね。そこから実際にOKAMOTO’Sのカヴァーを聴いてみてどうでした?

コウキ「そうそう。感想が聞きたい」

亜美「ものすごく若いバンドってイメージしかなかったのに、あの曲を聴いたら、アレンジの仕方といい音といい『本当にOKAMOTO’Sなの? 実はおじさんがやってるんじゃ……』って思いました(笑)。それくらい渋すぎて、すごく良かった」

―渋いんだけどはっちゃけてるところもあって。

亜美「そう、やっぱり若者のフィルターを通した渋さが出るというか。枯れた渋さだったらベテランに頼めばいいけど、そこがまたいいところだと思う」

コウキ「よかった! ようやく感想が聞けました。すごく良いヴィンテージサウンドで録れるスタジオを使っていて、バンド的にも『結構すごいカヴァーだね』って満足してたんですけど、原曲が崩壊してるんで大丈夫だったかなって、実は怖くて感想を聞けなかったんです(笑)」

 

——2年越しで感想を聞いたんですね(笑)。コウキくんはPUFFYの音楽にどういう印象を持ってました?

コウキ「最近、思ってる以上に自分のギター(フレーズ)が渋いんだなって思い知らされることが多くて。それは絶対ね、ルーツミュージックを聴いてたからなんじゃないかなって思うんです」

亜美「ああ、うちの楽曲も、要は奥田さんが好きなやつだからルーツが結構古いんですよね。それをPUFFYというフィルターを通して聴いてたら、当然もっと古いことになるわけで」

コウキ「そうですね。今年の5月に1回だけサポートで演奏させてもらったんですけど、何回もおさらいしなくても、小さい頃から聴いてるからこういう感じだよねというのが体に入りまくってたんです。自分の土台には、PUFFYの楽曲や(奥田)民生さんの楽曲があるんだなと改めて思いました。その後、民生さんとのコラボレーションがあって、ちゃんと民生さんの曲をコピーして演奏したこともあって、自分のルーツがわかりましたね」

−−なるほど、もう自分の中に流れている一部になってるんですね。

コウキ「はい、音楽的にはそういう感じなんですけど、思い出したことがあって。SMA40周年のイベントの打ち上げで、黒猫チェルシーのギターの方(澤竜次)が酔っぱらって崩壊されて……(笑)」

亜美「ライヴは観にこれなかったけど、打ち上げに間に合った人ですね(笑)」

コウキ「それで『あれはやばかったね』って話で盛り上がって。それがプライベートでも仲良くなるきっかけかもしれないです」

亜美「そうね。あれは盛り上がったよね」

コウキ「竜ちゃん、壁をよじ登ってましたから(笑)。楽しくなっちゃったんでしょうね」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。