ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ITC、Samsung × NVIDAの特許侵害問題でGalaxy Note 4やGalaxy Note Edgeなどの対象製品の調査に着手

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が同社の一部のスマートフォン・タブレットで米 NVIDIA の保有する GPU 技術に関する特許を侵害しているとされる問題で、米国国際貿易委員会(ITC)が対象の Samsung デバイスの調査に着手することが明らかになりました。NVIDIA が 10 月 6 日に発表したプレスリリースによると、ITC は、Samsung が NVIDIA の特許を侵害したかどうかを選別するために調査を開始することを投票によって議決し、その調査結果によっては、Samsung は同社の主力製品の米国への輸入を禁止される措置を受ける可能性もあります。今回の輸入禁止の要求を受け、調査対象になったのは Galaxy Note Edge、Galaxy Note 4、Galaxy S5、Galaxy Note 3、Galaxy S4、Galaxy Tab S、Galaxy Note Pro、Galaxy Tab 2のスマートフォン5機種、タブレット3機種。これらのほとんどは 2013 ~ 2014 年に発売された現役バリバリの製品で、このうち、Galaxy Note 4 と Galaxy Note Edge は近々発売予定の主力製品です。Source : NVIDIA


(juggly.cn)記事関連リンク
OPPO、10月29日に「OPPO N3」を発表へ、製品名が明らかに
HTC、ショートムービー作成・編集・共有アプリ「Zoe」を正式版としてリリース、iOS版を年内に提供予定
ANA、機内インターネットサービス「ANA Wi-Fi」を2015年度に国内線に導入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。