体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイテク技術に負けないダイハツのユーザーフレンドリーな新技術“ウルトラスペース”が目からウロコ

TOP

ダイハツ工業は、2014年11月に発売予定の新型軽乗用車の技術概要を発表しました。この技術が用いられた新型車は、2013年の『東京モーターショー』にコンセプトカーとして出展した『DECA DECA(デカデカ)』をベースに開発が進められています。

軽自動車最大の室内空間“ウルトラスペース”や、座って分かる見晴らしの良さ“ファインビジョン”などを実現したことで、軽自動車の本質をベースに、車両特性に合わせた付加価値を追求し、軽自動車の可能性を拡大すべく、「もっと軽にできること」をキーワードに、日常用とはもちろん、レジャー用途など多用途に使える新ジャンルの軽自動車となる見込みです。

新型軽乗用車の技術概要

軽最大の室内空間“ウルトラスペース”
・軽最大の室内空間を、1835mmの全高で実現
・室内高は、軽自動車No.1の1455mm

座って分かる見晴らしの良さ“ファインビジョン”
・目線の高さを1387mmとして、運転しやすい軽自動車を実現

高さを感じさせない安心・安全の基本性能“ファン&リラックスドライブコンセプト”
・全高1835mmに対応した、高い車両安定性と乗り心地の良さ
・直進安定性を高める空力フィンの採用
・軽量化による重心高の抑制

圧倒的な使い勝っての良さ“ミラクルラゲージ”
・大容量ラゲージアンダートランクの設定
・リヤシート背面のスライドレバー設定や撥水加工シートの採用
・充実したインパネ周りの収納

最注目は圧倒的な大容量を誇る“ミラクルラゲージ”

軽自動車は、ドライブから普段の買い物まで、生活にもっとも身近な移動手段として私たちを支えていました。しかし、他の乗用車と比較したときに、大きい荷物の運搬やレジャーといった用途にはあまり現実的ではありません。

今回ダイハツが開発した“ミラクルラゲージ”は、その名の通り奇跡のような収容力を発揮します。例えば、軽自動車でキャンプに行くことはなかなか想像に難しいのですが、防寒着や靴やバックパックなど、キャンプに必要なものすべてがトランクルームに収まってしまうのです。

積み込み_001

後ろ姿は、ダイハツらしい広々としたトランクゲートです。しかしこのトランクがただ者ではありません。

積み込み_002

大人4人分以上の荷物が“ミラクルラゲージ”に積み込まれます。キャンプ道具ってこんなに多いんですね。

積み込み_003

まずは“ラゲージアンダートランク”にバッグとステッキが収まりました。

積み込み_004

続いて折りたたみ式の台を展開し、そこに靴が置かれます。

積み込み_005
1 2次のページ
まがりんの記事一覧をみる

記者:

車担当。 q@magarin.net

TwitterID: magarin_14

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。