体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンキー加藤、Zepp Tokyoにて2700人と大合唱&めざましテレビ水曜テーマリニューアル

ファンキー加藤が10月1日東京・Zepp Tokyoにて「カルピスソーダpresents ファンキー加藤 白熱ALL STANDING LIVE!」を行った。

10月1日@東京・Zepp Tokyo (okmusic UP's)

「カルピスソーダpresents ファンキー加藤 白熱ALL STANDING LIVE!」最終公演となったZepp Tokyoは、ファンキー加藤にとって実に2009年4月以来5年半ぶりの公演となり、久々のライヴハウスでパフォーマンスを観に集まった多くのファンが期待に胸躍らせていた。会場の前には「“熱い”想いをファンキー加藤へ届けよう!」と題し、ファンキー加藤へのメッセージボードが設置され、多くの熱いメッセージが寄せられた。

そして会場が暗転し、ステージの幕が開くと「会いたかったぜZepp Tokyo!」とファンキー加藤が会場を煽り、立ち見が出る程の超満員2700人の大歓声に包まれ「リスタート」でライヴが始まった。

「5年半ぶりのZepp Tokyoワンマン、今日のテーマ考えてきた! 今日の人数で武道館の熱量を越えよう!」と9月19日・20日に行われたファンキー加藤の初めてのワンマンライヴ「I LIVE YOU 2014 in 日本武道館」を引き合いに出し、会場を盛り上げた。その後、9月3日に発売された1stアルバム『ONE』からドラマ「ST赤と白の捜査ファイル」主題歌として話題となった「太陽」をはじめ、「まわせ!」「FLY」「僕らの詩」「愛の言葉」を披露。ファンの事を想い、ファンに向けてただまっすぐに歌を届けるその姿に、Zepp Tokyoは自然とひとつになっていった。

ライヴ中盤には「今日はこんなものを用意しました」と、白熱メーターと呼ばれる装置が登場。ファンキー加藤が「白熱!」と叫び、会場のファンが「カルピスソーダ!」と叫ぶとメーターが上がっていく仕掛けになっており、3回目のコール&レスポンスでメーターが満タンになり、カルピスソーダCMソングとしてオリコン週間ランキング5位を記録したヒット曲「輝け」を披露。カルピスソーダの弾ける炭酸をイメージした白い風船が登場する演出もあり、ライヴを大いに盛り上げた。

「僕自身すごく恵まれているなと喜びを感じている。歌声も楽曲を作る力にも自信はないけど、一つだけ自慢出来る事は、みんなの夢を応援する事。生きていて辛い事があっても、それでも必ず希望があると信じて歌い続けます」とファンに向けてメッセージを届け、「CHANGE」を披露。「それぞれの未来に向けて、歌うぞ2700人! おまえ達が主役だ! 『ちっぽけな勇気』!」とFUNKY MONKEY BABYS時代の名曲も織り交ぜ、会場のファンの熱気も最高潮に達した。

「いつも俺ばっかり応援されてごめん、今度はみんなが自慢出来るようなミュージシャンになるからな!」「どんなことがあっても歌を歌うこと、届けることはやめないからな、お前の夢を応援させてくれよ!」 とこれからの決意と、改めてファンに向けて感謝を込めた後、ソロデビュー曲「My VOICE」を熱唱し、会場の大合唱を生み出した。

アンコール後に「白熱したか~?」と煽ると、観客のアンコールの大大合唱が巻き起こり、急遽、予定に無いWアンコールを敢行。歌った曲はもちろん「カルピスソーダ」新CMソングの「輝け」。全身全霊の熱唱に次ぐ熱唱で、全17曲を歌い切ったファンキー加藤は、満面の笑顔でファンに手を振り、2015年1月から始まる「ONE FOR HALL TOUR 2015」での再会を約束し幕が閉じた。

更に、今年4月からファンキー加藤が担当していたフジテレビ系「めざましテレビ」の水曜日のデイリーテーマソングが、当日の朝より新曲「少年の声」にリニューアルされた。この新曲は、力強いメロディーにまっすぐな言葉で、ファンキー加藤らしい応援歌となっている。プロデューサーには、「ずっと feat. HAN-KUN & TEE」で大ブレイクを果たしたSPICY CHOCOLATEが参加。ファンキー加藤とSPICY CHOCOLATEは所属事務所仲間という事もあり、ソロとして活動を始めた際に、「いつか一緒に楽曲制作を出来ればいいね」という会話から今回の楽曲制作に至ったという。前テーマソング「FLY」同様に、一週間の丁度真ん中である水曜の朝にこの新曲が多くの人の背中を押してくれるだろう。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。