ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneがプロンプターに!音声認識でプレゼン内容を自動スクロール表示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プレゼンテーションをするとき、多くの人は話す内容をまとめた原稿を準備するだろう。もし、大規模でフォーマルな会場での演説などになれば、原稿を表示するプロンプターが用意されるはずだ。

しかし、通常プレゼンをする場所はそうした設備がない場合がほとんど。そこで活躍するのが、あなたのiPhoneやiPadをプロンプターに早変わりさせるアプリ「PromptSmart」だ。

■話すスピードに合わせて動く

PromptSmartはプレゼンで使う原稿をインポートすると、端末の画面に原稿内容を表示するというもの。音声を認識する技術を活用し、ユーザーの話す言葉をとらえて、そのスピードに合わせて原稿を自動スクロールで動かす。スピーチが止まると、原稿の動きも止まる仕組みだ。

人前で話すのは緊張するものだが、このアプリではプレゼンやスピーチが滑らかなものになるように設計されている。例えば、どこまで話したかわからなくならないよう、スクリーンにはユーザーが話している部分にハイライトがつく。

また、プレゼン時間をきっちり守りたいときには、1分あたりにしゃべる言葉の数を決めてそのスピードで原稿が流れるようにすることも可能だ。アドリブを入れるときなど、手動でプロンプターを操作することもできる。

■文字の色やサイズもカスタマイズ

原稿はDocxかtxtスタイルなら、iCloud、Dropbox、Evernoteなどからインポートすることができ、アプリ内で手を加えることも可能となっている。ユーザーが見やすいよう、フォントサイズや、テキスト・背景の色などを選べるのも便利だろう。

滑らかなスピーチにしてくれるこのアプリ、英語のみの対応だが、英語でスピーチやプレゼンをする機会が多い人にはかなり使えそうだ。iOS 6以降で利用でき、ダウンロードは1000円。

PromptSmart

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP