体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和太鼓・人力車散策の撮影してみた!! 機能と使いやすさを大幅に向上したGoPro社『HERO4』シリーズ体験会レポート(体験編)

G0010029

革新的なカメラで今までにもさまざまな賞をとっているGoPro社が、その技術の全てを注ぎ込んで開発したという新製品『HERO4』シリーズが10月5日より発売(日本国内では10月より順次発売予定)。先日、プロモーションを兼ねた体験会がアメリカのサンフランシスコ、イギリスのロンドン、日本の東京3か所で同時に開催されました。時差の関係で東京が世界で最も早い時間での実施となった12名限定という日本の体験会に、なんとガジェット通信も参加。前回の記事でご紹介した『HERO』シリーズの機能に引き続き、GoPro本社の方々より発表会で教えていただいた撮影のコツについてレポートします。

パフォーマンス2倍モデル・液晶搭載モデルリリース! 機能と使いやすさを大幅に向上したGoPro社『HERO4』シリーズ体験会レポート(機能紹介編)
http://getnews.jp/archives/674747 [リンク]

※すべての写真をご覧になりたい方はガジェット通信をご覧ください。
http://getnews.jp/archives/676527 [リンク]

動画撮影のポイントについてレクチャー

移動中のバスの中で、GoProスタッフの方々より動画撮影の際に気をつけるべきポイントやカメラの使い方について説明を受けます。

recture

4つのポイント

GoProスタッフさんより撮影の際に気をつけて欲しいとアドバイスいただいた4つのポイントがこちら!

当たり前のことかもしれないけど、実際撮影してみると本当にこのポイントは重要だと分かります。

・ポイント1:目的の映像を意思を持って撮影

ものすごく高性能でパワフルなカメラなので、自分で目的や意図を持って、何を伝えようかということをちょっと意識して作りたい映像をイメージしながら、必要なシーン以外は撮影をこまめに止めるようにすると、回す時間も短くて済むだけでなく、メモリやバッテリーの節約にもなり、よりはっきりしたものが撮れるようになります。あとで編集をするときにも断然楽。慣れないうちは新機能の「ハイライト・タグ」でタグをつけておくといいとのこと。

・ポイント2:撮影環境に合わせてアスペクト比・解像度・フレームレートを設定

“アスペクト比は4:3、解像度1440pもしくは960p、フレームレートは120”というのが一つの基本。これをベースに設定を上げ下げして調整。最適な設定は実際に色々な設定にして撮って試してみるのが一番いいとのこと。

縦の動きがある場合、アスペクト比は4:3がおすすめ、フルスクリーン再生向けに編集を楽にするなら16:9。
新しく搭載された4Kや2.7Kは映画やテレビの商業レベル、パソコンでの再生位なら解像度は1080で十分。解像度が低い方がメモリやバッテリーの消費が少なく撮影時間も長く楽しめるそう。
すごく明るい環境や早い動きを撮影したい場合はフレームレートを高く設定、屋内や暗い場所での撮影は低く設定。設定に迷う場合はオートで。

ポイント3:レンズはいつもきれいに

レンズをいつもきれいにしておくことがものすごく大切。『Standard Housing』に入れて、海などで撮影している時に丁度レンズのところに水滴がついていたりして、せっかくの映像がぼやけてしまうことがあるといいます。

ポイント4:対象を追いかけて撮影するときはスムーズに余裕をもって

手で持って撮影するときはカメラを軽くスムーズに動かしましょう。対象を追いかけて撮影するときは5秒ほど余分にまわしてから切ると編集の際に良いとのこと。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。