ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Tegra K1を搭載した8インチゲーミングタブレット「NVIDIA SHIELD Tablet」が国内で10月10日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NVIDIA が同社の Tegra K1 プロセッサを搭載した 8 インチ Android タブレット「SHIELD Tablet」を 10 月 10 日に国内で発売することを発表しました。国内では「SHIELD」の名の下で展開されます。SHIELD Tablet は、同社の最新モバイルプロセッサ「Tegra K1(Cortex-A15 2.2GHz クアッドコア、192 の Kepler GPU コア)」を搭載した画面サイズ 8 インチのAndroidタブレット。OSはAndroid 4.4(KitKat)を搭載しています。SHIELD Tablet には専用のワイヤレスゲームコントローラーが付属(セットモデルの場合)、または別売で提供されます。国内で発売される SHIELD Tablet は Wi-Fi Only の 16GB モデルのみ。価格は 46,220 円です。なお、SHIELD Tablet + ワイヤレスコントローラー + 専用カバーがセットになったモデルも 53,780 円で販売されます。ワイヤレスコントローラー、専用カバー、DirectStylus ペンは別売でも販売されます。SHIELD Tablet の特徴は、Android タブレットながらも特定の GeForce GPU を備えた PC のゲームをストリーミングでプレイできる「GameStream」や「GRID」によるクラウドゲームサービスに対応するなど、Android ゲーム以外のゲームを広くサポートしているところです。ゲーム好きには欲しい1台になるかも。また、Twitch アプリを利用してゲームプレイの映像をライブ配信することもできます。HDMI ケーブルでテレビに接続し、ワイヤレスコントローラーを利用すればゲームコンソールのようにゲームを楽しめるほか、ワイヤレスコントローラーのソフトウェアボタンマッピング機能も備えており、タッチパネルしかサポートしていない Android ゲームをワイヤレスコントローラーでプレイすることもできます。SHILDシリーズでは Android ゲームごとのマッピング情報が専用コミュニティサイトで公開されており、情報(テンプレート)をダウンロードするだけで利用できます。SHILED Tablet 本体は、8 インチ WUXGA 解像度の IPS 液晶、2GB RAM、16GB ROM(Micro SD 対応)、前後に 500 万画素カメラ、約 5,330mAh バッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0に対応しています。筐体デザインは Tegra Note 7 風で、パッシブスタイラスで筆圧を感知できる「DyrectStylus 2 with 3D Paint」にも対応。本体にはスタイラスペンを収納できます。前面には 2 つのスピーカーを搭載しており、音楽や動画、ゲームなどの音をステレオで再生できます。また、ゲームストリーミング機能を重視して、Wi-Fiでは5GHz対応に対応するほか、2X2 MIMOにも対応しています。SHIELD Wireless Contoroller は Wi-Fi Direct で SHIELD Tablet に繋がります。Bluetooth はサポートしていません。SHIELD のコントローラーように十字キー、アクションボタン、アナログスティック、LR ボタン、START ボタンを搭載。本体中央には Power ボタンや Tegra Zone などを起動できるマルチファンクションボタン(NVIDIA ボタン)を搭載。専用のボリュームボタンも追加されました。Source : ヨドバシカメラ


(juggly.cn)記事関連リンク
「Xperia Z3x」の噂について補足
Samsung、Galaxy Note 4の曲げに対する耐久性テストを実施、その様子を動画で公開
KDDI、Lookoutと提携してauスマートフォン向け紛失・盗難対策アプリ「Lookout for au」を提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。