体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

川上会長「すぐに結果を出すつもり」と会見 KADOKAWA・DWANGO爆誕

エンタメ
川上会長「すぐに結果を出すつもり」と会見 KADOKAWA・DWANGO爆誕

株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長の川上量生さんと、代表取締役社長の佐藤辰男さん。
10月1日に経営統合した株式会社KADOKAWAと株式会社ドワンゴ。その統合を記念して行われる「ニコニコカドカワ祭り」について、9月30日に記者会見が行われた。

ニコニコ生放送以来の大型新サービス「ニコキャス」が2014年内に開始されることも初めて発表された。

記者会見には、現ドワンゴ代表取締役会長でKADOKAWA・DWANGO代表取締役会長に就任する川上量生さんと、現KADOKAWA取締役相談役でKADOKAWA・DWANGO代表取締役社長に就任する佐藤辰男さんが登壇。

KADOKAWA dwango 統合キャンペーン ニコニコカドカワ祭り」と題して、書店とWebとの連動キャンペーンやニコニコ書店会議の開催などを詳細を発表した。

両社のシナジーを模索中?「これから考えます!」

質疑応答は、川上量生さんと佐藤辰男さんが応じた。

KADOKAWAとドワンゴの新しい統合プラットフォームは、いつ頃を目処にどんなものをつくるつもりなのか、との質問には「これから考えます!」とまだまだ模索中であることを強調した。

これは、最近活発な電子書籍関連会社の買収や、KADOKAWAとドワンゴ、さらに「4Gamer.net」ブランドを有するハーツユナイテッドグループで設立したゲーム関連事業会社・リインフォースについても同じで「これから考えます」とのことだった。

過去にniconicoがプラットフォームに徹する上で、「ニコニコニュース」での独自ニュースの廃止などのメディア事業を撤退した経緯を巡って、今後のメディア事業について質問されると、川上さんは「ニコニコニュースをカドカワに引き取って欲しい」と答え、niconicoでは今後もメディア事業は行わず、KADOKAWAと分業していく姿勢を示した。

統合発表時に各メディアで大きく取り上げられたグローバル展開については、「ニコニコ国会議」などを例に、積極的に進めていくつもりではあるものの、それがKADOKAWAと統合した目的ではないとした。

KADOKAWA・DWANGOの展望

記者会見の冒頭で流された約10分間の特別映像では、結婚式を模した映像の中、祝辞として大塚英志さんが痛烈にKADOKAWAとドワンゴの経営統合を批判した。

大塚英志さんは星海社の運営するWebサイト「最前線」にて、経営統合発表直後に「大塚英志緊急寄稿『企業に管理される快適なポストモダンのためのエッセイ』」という、統合を批判する記事を緊急投稿し、大きな反響を呼んでいた。川上量生さんは「あえて批判してくれる人を選んだ」という。

特別映像の最後では、川上量生さんが「合併してすぐに僕は、結果を出すつもりなんですよ。KADOKAWA・DWANGOは成功します。」と明言。

1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会