ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目の新しいコマースの形!”コミュニティ”コマースサービス「Massdrop」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今後も成長が期待されているECの市場に、新しい切り口で参入した「Massdrop」というサービスが、今ちょっとした話題になっていることをご存知だろうか?

いわば”コミュニティコマース”とも言えるような、熱狂的な人々が集まったコミュニティとコマースを結びつけたサービスだ。

具体的には、まずこのサービスではある商品に非常に関心の高い、熱狂的な人々がコミュニティを作るところから始まる。例えば音楽好きの人々がヘッドホンに関してディスカッションするようなコミュニティなどだ。

このコミュニティ内で、各メンバー達は皆で一緒に買いたい商品を絞るための投票を行い、1つのアイテムに決定する。すると、このアイテムを扱っているベンダーに、Massdropが特別価格での購入を直接交渉してくれる。

交渉が成功すれば、そのアイテムを特別価格で購入できるようになるが、そのためには一定数以上の購入希望者を集める必要がある。このあたりの仕組みはグルーポンなどの共同購入サービスにも似た仕組みだ。

ただこのサービスの特徴は、これまでの共同購入サービスとは違い、商品ありきではなく最初に熱狂的なコミュニティからスタートしていること。これこそが”コミュニティコマース”ともいうべき新しい切り口のキモとなる部分である。

これまでにはなかったアイデアのサービスであり、今後どのくらい浸透するのかが非常に楽しみだ。
Massdrop

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP