ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

超個性派俳優ジョヴァンニ・リビシが『荒野はつらいよ』で西部開拓時代の童貞男に 『テッド』でキモい誘拐犯を演じたアイツね!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ジョヴァンニ&サラ5693_RB_00013R

みなさんはジョヴァンニ・リビシという俳優をご存知でしょうか? 下ネタを連発するテディベアのキャラクターが受け、全世界で550億円というR指定オリジナルコメディ映画史上ナンバーワンのヒットを記録した映画『テッド』にて、テッドを連れ去ろうとした変態誘拐犯のオヤジ役を演じた、と言えば日本でもなじみがあるかもしれませんね。どんな下品なギャグでも受け入れてくれそうなテッドでさえ、ジョヴァンニが演じたキモい中年男にはドン引きで、何とか逃げ切ろうと必死になっていました。

実は演技において無数の顔を持つ、超個性派俳優として知られるジョヴァンニ。『テッド』と同じくマーク・ウォールバーグが主演を務めた『ハード・ラッシュ』(’12)では、首から手首まで刺青が入った麻薬密売人のギャングを演じ、狂気に満ちた極悪人という役柄を見事こなしていました。ブサメンの誘拐犯とは打って変わってシュッとしたクールな顔立ちや、キレると殴る蹴るなどの容赦ない暴行を加えるシーンには、「本当にあのジョヴァンニ・リビシか?」と驚かされました。しかし、翌年の『L.A. ギャング ストーリー』(’13)では、チョビひげにメガネという緩い見た目に再びキャラクターが激変。電子工学オタクの頭脳派な巡査役を演じ、家族想いで息子を愛するマイホームパパながら、マフィアとの戦いに挑む勇敢な警官を演じました。

5693_TP2_00007R

そんな作品ごとに毎回違う顔を見せ、幅広い役柄を見事に演じきるジョヴァンニは、『テッド』のセス・マクファーレン監督による最新作『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』にも出演。本作では“娼婦の彼女を持つ童貞男”という、響きだけでもジョヴァンニ向き(?)なエドワードという役柄を演じています。町で靴の修繕屋を経営しているエドワードは、ルース(サラ・シルヴァーマン)という婚約者がいるのですが、なんと彼女の職業は娼(しょう)婦。彼女が毎日10人以上の客をとっている中、エドワードは彼女と婚約して6年になるにも関わらず、結婚するまでは婚前交渉をしないと固く誓う男の中の男です。

ジョヴァンニは、2度目のタッグとなるセス監督との仕事について「正直、全部の作品でこうゆう経験ができたらいいなって思うよ。彼との仕事は酷いプレッシャーもないし、本当に楽しく演じることができるんだ。監督によって、映画の雰囲気は決まるからね。彼の場合は現場が明るくて、最高の時間を過ごすことができるんだ」と絶賛。さらに、「彼は脚本も自分で書いて、監督も演技も全て自分でやっている。それってとても凄いことだよ。その上、しっかりと自分の作りたいものを作ることができている。彼は本当に多才なんだ」と、最新作では監督だけでなく主演も務めるセスとの相性の良さを語っています。

一方、『テッド』でも監督と共にプロデューサーを務めたジェイソン・クラークは「ジョヴァンニはいろんな役柄を演じている姿をずっと見てきたけど、彼は天才だね。間が絶妙だし、素晴らしい役者だよ。多くの引き出しから色んなものを見せてくれるんだ」と彼の持つ無数の役者の顔に驚きをみせています。

53828--E051514A-1288

みなさん、『テッド』のジョヴァンニだけを観て、ただのブサメンだと油断していちゃダメですよ! 彼の奥さんは超美人の一流モデルだし、『荒野はつらいよ』で共演のアマンダ・セイフライドの横でキリッとキメ顔ができちゃうハリウッドでもトップクラスの勝ち組なのです。なんて羨ましいんだ! 脇役ながらも印象に残り、作品にアクセントを加えてくれる彼は、日本で言えば、多くの作品に出演し、その作品ごとに強烈なインパクトを残す滝藤賢一に近いものを(勝手に)感じています。

Million_B1_C

『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』は、10月10日(金)より日本公開。リーアム・ニーソンや、シャーリーズ・セロンが出演している、意外と(?)豪華な作品ですが、ぜひ脇役にも注目してみてください。

映画『荒野はつらいよ』 90秒予告(YouTube)
http://youtu.be/Po6irxajbj4

『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』公式サイト:
http://kouya-tsuraiyo.jp/

(c)Universal Pictures

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。