ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その名も「唐揚げざんまい」!東北3県の銘柄鶏を使った夢のコラボ駅弁が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電車での旅のお楽しみは、駅弁に尽きる。中には、各地の駅弁を求めて、全国を津々浦々巡る人もいるのだとか。

今回ご紹介するのは、東北3県の銘柄鶏を使った、こだわりの駅弁。料理雑誌「オレンジページ」と駅弁メーカー「NRE大増」、そして、駅弁マニアの漫画家・伊藤理佐さんのタッグによって実現された夢のコラボ駅弁だ。

10月1日より販売されるこのコラボ駅弁は、その名も「唐揚げざんまい」(1100円)。東京駅・新宿駅・品川駅・上野駅・大宮駅のNRE弁当売店にて販売される。

メインは、「宮城県産森林どり」・「岩手県産地養鳥」・「青森県産桜姫」の3種のうまみたっぷりな鶏肉による6個の唐揚げ。それぞれを、「オレンジページ」で人気の「定番しょうゆ味」「甘酢っぱい南蛮風」「パンチのきいた塩にんにく味」の3種類の味付けで仕上げた、題名さながらの「唐揚げざんまい」な駅弁だ。

駅弁好きの伊藤理佐さんの意向により、「おいしく缶ビールが1本飲めて、家族でシェアできて、肉密度が高い」逸品に仕上がった。

唐揚げは、お弁当の定番おかずでもある。なじみの深い唐揚げを、駅弁でぜひ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP