体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウホッ! イイ男がいっぱい! 秋の夜長に熱き血潮がたぎるオススメ“野郎”映画4選

「ヘラクレス」メイン

夏の風物詩である全国高校野球大会や世界水泳、さらにプロレス好きにとっては真夏の最強決定戦『G1クライマックス』など、肉体の限界を超えた男たちの汗と涙に、今年の夏も熱くなった諸君が多かったのではないだろうか? しかし、秋になったからといって涼んでいられないのが映画業界。夏のテンションそのままに、秋公開の映画作品では日本を代表する俳優からハリウッド往年のスターまでが集結し、秋の夜長に叫んで、倒して、暴れまくりの熱き血潮たぎる“野郎”作品が目白押し! 現在公開中から公開予定の映画まで、イイ男がいっぱいの作品をピックアップして紹介するぜ!

『ヘラクレス』/10月24日(金)公開

『ヘラクレス』予告編(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=3NkIlUH3INY

まずは、ギリシャ神話に登場する半神・ヘラクレスを主人公にした『ヘラクレス』。12の難業を終え、今は傭(よう)兵としてギリシャ諸国を旅していたヘラクレスが、ある国から高額の報酬と引き換えに国を守る依頼を引き受けます。もともとは謝礼が目的だったヘラクレス。しかし、その国の姫たちの姿勢に少しずつ自分の中で何かが変わり始めた矢先、突如として過酷な戦いが幕を開けます。

監督は『X-MEN:ファイナル ディシジョン』などのブレット・ラトナー。『G.Iジョーバック2リベンジ』や『ワイルドスピードEURO MISSION』に出演した“ザ・ロック”こと、ドウェイン・ジョンソンが主演を務め、『スノーピアサー』などのジョン・ハート、『恋におちたシェイクスピア』などのジョセフ・ファインズら実力派がその脇を固めます。

巨大なエリュマントスのイノシシや不死身のライオンとの一騎打ちを始め、立て続けに襲いかかる恐ろしい魔物たちを物ともせず、圧倒的なパワーで次々とねじふせていくヘラクレスの姿は圧巻。さらには片手で敵を馬ごと吹っ飛ばしたり、柱ごと動かして城壁を破壊したりと、鍛え抜かれた完璧な肉体をこれでもかと見せつけます。「ヘラクレスだ!」と叫ぶドウェインの肉体は、世界最大のプロレス団体WWEで8度の王者に君臨したころそのままに、全能の神ゼウスの息子ヘラクレスを演じるのに文句のつけようがない圧倒的な存在感を見せています。ギリシャ神話を題材に、新たな英雄伝説へと突き進むアクション・アドベンチャーに注目です!

『るろうに剣心 伝説の最期編』/9月13日(土)より公開中

メイン_AA1A1157a

圧倒的な存在感といえば、日本のアクション映画も負けてはいない! 和月伸宏原作の大人気コミックの実写化第3弾にして、シリーズ完結編となる『るろうに剣心 伝説の最期編』が大ヒット公開中。公開初日3日間で103万4988人を動員し、興行収入は13億円を突破。まさに“伝説の最期”の名にふさわしい記録的なスタートを飾りました。現在では、シリーズ3部作の累計で興行収入100億円を超え、公開から2週間が経過した現在も、その人気は衰えることを知りません。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy