ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG製プロセッサ“Odin”は「LG G Pro 3」に初搭載されるという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG が開発しているとされる“Odin”プロセッサが「LG G Pro 3」と呼ばれるファブレットに初めて搭載されるというニュースが海外で伝えられました。この話は単なる噂にしか過ぎませんが、LG は 5.9 インチスマートフォンに“Odin”プロセッサを搭載していることや、LG は 10 月にも自社製プロセッサを搭載した大画面スマートフォンを発表・発売するという話が別のサイトでも伝えられており、これらは同一製品のことを言っているように思えます。今回の噂では初めて製品名が伝えられたわけですが、「LG G Pro 3」と聞くと今年初旬に発売された「LG G Pro 2」の後継だと予想されます。これまでの噂によると、LG が LG U+ 向けに開発している 「LG-F490L (Liger)」が LG 製プロセッサ “Odin”を搭載していると伝えられています。“Odin” にはスマート TV 向けのクアッドコア版とスマートフォン・タブレット向けのオクタコア版が存在すると言われています。クアッドコア版は、ARM Cortex-A15 を 4 基搭載した 2.2GHz 駆動の CPU と 700MHz 駆動の ARM Mali-T604 GPU を内蔵しており、オクタコア版は最大 2.0GHz 駆動の Cortex-A15 を 4 基と最大 1.4GHz 駆動の Cortex-A7 を 4 基搭載した CPU と ARM Mali-T604 または 600MHz 駆動の ARM Mali-T624 GPU を内蔵しています。Source : loadthegame


(juggly.cn)記事関連リンク
スクエニ、スマートフォン版「ドラゴンクエスト III」をリリース
NTTドコモ、「ARROWS Tab F-02F」と「AQUOS PAD SH-06F」のソフトウェアアップデートを開始
Sony Mobile、Xperia用の新カメラアプリ「ARファン」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP