ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タクシー配車アプリ「Hailo」から新サービス、iBeaconで支払い可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アプリ(iOS、Android)を2タップするだけでタクシーの配車ができる「Hailo(ヘイロー)」。路上で手を挙げてタクシーをつかまえたり、電話で配車を申し込んだりする手間が省けるとあって人気だ。

世界20都市で展開されていて、日本では大阪で利用できる。そのHailoがiPhoneユーザー向けに新たな支払いサービス「Pay with Hailo」の展開を開始した。

差し当たってはアイルランドとボストンでサービスを始め、Hailoが利用できる他都市にも順次広げる方針だ。

■iBeaconを活用

これまで、支払いは現金とクレジットカードに対応していた。カード払いの場合、アプリ内にクレジットカード情報を登録することで、乗車時の支払いの手間を省くことができるが、これはアプリで配車を利用したときのみ使える。

そして、今回加わった新サービスは、iOS 7以降に搭載されている近距離データ通信機能「iBeacon」を活用するもので、流しのHailoタクシーを拾ったときに使える。

■自動で端末に支払い表示

ユーザーが流しのHailoタクシーに乗ると、自動でiPhoneに支払いのオプションが表示され、クレジットカード払いなどが選択できる。その際はアプリ内に登録しているクレジットカード情報を使うので本物のカードを提示する必要はない。

仮にタクシーにiBeacon装置が設置されていなくても、Hailoタクシーであればユーザーは運転手の名前から探し出せるので同様に端末支払いが可能だ。

最近のタクシーはクレジットカードが使え、日本ではSuicaやPasmoといったICカードでも支払いが出来るなど、現金払いする人は少なくなってきているのではないだろうか。そして今後はiBeaconなどの近距離データ通信による携帯端末での支払いが主流になるのかもしれない。

Hailo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP