体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ご当地ビール】東京ディズニーリゾートに醸造所!? イクスピアリ生まれのクラフトビール『ハーヴェスト・ムーン』定番5種類を飲みくらべ

イクスピアリ

今回は千葉県浦安市舞浜から、東京ディズニーリゾート内の複合型商業施設『イクスピアリ』内にある醸造所で造られているクラフトビール『ハーヴェスト・ムーン』をお取り寄せ。定番の5種類を編集部で飲みくらべしてみました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/671133

ハーヴェスト・ムーン

あのイクスピアリに醸造所があるの!? 驚く方も少なくないかもしれませんが、実はこちらで造られているクラフトビールは国内外のコンテストで多数の受賞経歴をもつかなりの実力派。日本に数名しかいない「マスター・ビアジャッジ」という称号をもつビール職人が在籍し、手間と時間をかけてゆっくりと造りあげています。「きれいな味のビールをつくりたい」という思いのもと醸造責任者を務める園田智子さんがこだわるビールは、どれも優しく繊細な味わい。定番の5種類に加えて、フルーツエールや季節のビールなど1年を通して楽しむことができます。

シュバルツ

シュバルツ

ジャーマンスタイルで造られた黒ビール。なんといってもこのブラックコーヒーのような真っ黒な色合いが印象的ですが、そのお味は意外にも苦味と甘味のバランスがしっかり取れていて想像以上に飲みやすい仕上がりです。焦がしたモルトの香ばしい香りは、クセになること間違いなし。あぶった肉料理など濃い味付けのものだけでなく、なんとバニラアイスや生チョコなどのスイーツとも相性抜群なのだとか! 

シュバルツ2

「コーヒーのような深いコク! 漆黒の見た目から想像するほど苦味はなく、意外と飲みやすいです。黒いビールを普段飲まない人にも一度飲んで欲しい! (30代女性)」
「苦みと甘みの加減がとてもちょうど良いです。クセがなく、後味もすっきりしているので飲み飽きること無く何杯でもいけちゃいそう。シュバルツならではの、パンのような香ばしい香りが食欲をかき立てます。(20代女性)」

ピルスナー

ピルスナー1

こちらはチェコスタイル。苦みはやや強めで、後からアロマホップの豊かな香りが広がっていきます。料理を選ばず、いつでもゴクゴク飲めるキレの良さが魅力です。特に塩気のあるものや揚げ物には相性◎。天ぷらを塩でいただく時には、ぜひこの『ピルスナー』を選んでみて!

ピルスナー2

「見た目は普通のビールですが、もうとにかく香りが良い! 繊細で上品な香りは、さすが女性の職人さんがつくるビールだなぁと思いました。(30代男性)」
「すっきりしていてゴクゴク飲める味わいですが、後味にはコクもしっかり感じられます。ただ飲みやすいだけのビールではなく、ホップの苦みもちゃんときいているので、ビール好きも大満足の仕上がりです。(20代女性)」

1 2次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会