ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Playストアのアプリページにアプリ内購入・課金の価格帯を表示へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが、Google Play ストアで配信中のアプリ内購入機能を備えるアプについて、今後、その価格帯をアプリの紹介ページに表示する方針であることが、「GoneMAD Music Player 」などの開発者が Google に問い合わせたところ判明しました。Redditに投稿されたGoogleサポート担当者の回答によると、9 月 30 日から有料アプリとアプリ内購入を利用しているアプリの紹介ページで提供元の住所が表示されることについて、住所の入力は 9 月 39 日より可能になること、入力受付開始後 30 日以内に入力しなければ、アカウントの削除(最終的に)を含む制裁が課せられることになっていることが判明しました。上記のアプリを提供している人にとっては、住所の入力と公開はアプリを提供していく上で必須要件になります。回答にはこれだけではなく、アプリ内購入やサブスクリプションを含むアプリについて、アプリの紹介ページにその価格帯を表示されることも明らかになりました。現在の表示内容だと、アプリ内課金があることはわかるのですが、一体どれくらいの費用が必要そうなのかはわかりません、価格帯が表示されることで、それが分かるようになります。Source : Reddit


(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 4でAndroid L(LRW52G)がテストされていることが確認される
Microsoft、iPhoneユーザー向けに「OneDrive」の無料ストレージ容量を30GBに倍増するキャンペーンを実施、9月30日まで(Android、Windows版でも実施中)
Galaxy S 5 / S 5 miniを“コカ・コーラ”に浸すテスト動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP