ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ゆるい就職」ワークショップが大盛況 「正社員で働いたら負けだ!」と気勢あげる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

参加者からは様々な意見が出た。

これまで当たり前とされてきた週5日勤務ではなく、「週休4日で15万円」の派遣スタッフや契約社員の仕事を若者に紹介する「ゆるい就職」のワークショップが9月18日、東京の中野サンプラザで開催された。

同サービスは、人材会社の「ビースタイル」が企画。取締役が全員ニートのNEET株式会社の仕掛け人として知られる慶応大学特任教授、若新雄純氏がプロデューサーを務める。新卒生から25歳くらいまでの若者が対象で、ワークショップには約70人が参加した。
レーシングドライバーになる夢を抱く4年生も参加

9月初旬に開催された説明会では「ゆるい就職」の趣旨説明がメインだったが、今回は参加者が主体となるワークショップ形式だ。冒頭で若新氏が登場し、「発表に点数をつけたり、評価したりといったことはありません」と強調。参加者の自由な意見交換を促した。

まずは、説明会でも議論になった「週4日の休みをどうするか」というテーマについて、参加者同士が4~6人ずつで話し合った。

現在は葬儀屋で働いている25歳の男性は、「週休4日を使って起業の準備をしたい。みんなが楽しく働ける会社を作るのが夢」と意気込む。この男性は高校卒業後、航空自衛隊に入隊して3年の任期を終えた後、消防士を経て現在の仕事に就いているという。

現在大学4年生だが、レーシングドライバーになる夢をあきらめ切れない人もいた。レーサーの養成学校の試験には受かったので、週3日で費用を貯めながらトレーニングをしたいと考えている。

もっとも、彼らのように明確な夢や目標を持って「ゆるい就職」を活用しようと考えているのは、ごく一部の参加者のようだ。今年の春に大学を出て不動産会社で営業として働いたが、すぐに辞めてしまった男性は、

「業界のことをよく知らずに就職したらノルマもきついし、地獄のようだった」

と振り返る。週休4日は、今のところ将来のために語学の勉強をしたり、旅行をしたりするなどして時間を費やしたいと考えている。
週3日勤務の「パフォーマンス向上策」を議論

参加者に共通していたのが、「週休2日では自分の時間が持てない」という感覚だ。プログラマーとして正社員で働く男性からは、こんな意見も出た。

「就職して『今の若い人は、正社員で働いたら負けだ』と身を持って体感した。週休2日だと、何もできないまま年をとっていくことになる。生きる意味ってなんだろう、と思ってしまう」

いちど社会人を経験した既卒者の方が、こうした現状の働き方への不満をより強く持っているようだ。参加していた24歳の男性も、8時間勤務で1日の3分の1が終わってしまうことに、納得できないという。

「3分の1は睡眠で、自由になる時間は3分の1しかない。20代の若いころにしかできないこともあるし、こんな生活では面白みにかける」

ただ、週休4日で15万円では、それなりの成果を出さなければ、企業としては負担になるだけだ。ワークショップ後半では、「週3日勤務で、どうパフォーマンスをあげるか」についてグループに分かれて議論し、発表を行なった。

最も多かったのが、週休4日を「完全オフ」として過ごすことで、働く3日間の集中力やモチベーションを最大限に高めようという意見だ。休日は趣味に充てたいというグループからは、

「週5日勤務だと、人生の全てが仕事になってしまうが、週3日だけ趣味のために働くと考えると、モチベーションが保てる」

といった意見が出た。一方で、休日に「仕事の勉強をする」「別の仕事をする」ことでスキルを磨き、高いパフォーマンスを発揮したいという案もあった。副業で身につけたスキルを派遣先にフィードバックする、という人もいた。
週休4日なら「外部からの視点」で問題提起できる

また、多くの企業は「外部からの視点で新しい提案や問題提起」を望んでいるので、週3日の派遣社員という立場から「会社を客観視できる」と指摘する人も。これには若新氏も「面白い!」と興奮する。

「確かに正社員で週5日働いていると内向きになってしまい、客観的視点が持てなくなる。もし週3日の人が会社の業務を効率化して、(フルタイムの)正社員の給料が20万円だけど、週3日勤務の人が30万円ということになれば、これは勝ちですよ。そうしたらみんな給料の10%を、僕の口座に振り込んでください(笑)」

さらに、少し個性的なメンバーが揃ったグループからは、「正社員は大変だなぁ、と思いながら仕事をする」ことで何とかモチベーションを維持する、という意見や、「仕事のときは別人格になる」といった案が出ていた。他のグループからも、

「ストレスを溜めた正社員のクッション役になることで、存在価値を高める」

「ニートになりたくない、という気持ちで頑張る」

といった冗談のような案も。「隠れてサービス残業をすればパフォーマンスがあがる」という本末転倒のような発言も出て、会場では笑いが絶えず、終始賑やかなイベントだった。

イベント終了後、今春大学を卒業して現在ニートだという23歳の女性は、キャリコネニュースの取材に「みんなと話せて楽しかった。『ゆるい就職』でこれから頑張って働きたいと思った」と話していた。実際のマッチングは10月末から、勤務は11月から始まる。

あわせて読みたい:「ゆるい就職」説明会「ただ働いているだけじゃ幸せになれない」最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP