ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【TGS2014】サムスン電子が曲面ディスプレースマホ『GALAXY Note Edge』やヘッドマウントディスプレー『Gear VR』をお披露目

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


9月18日に開幕した『東京ゲームショウ2014』。サムスン電子ブースでは、『IFA2014』で発表され国内では未発表の『GALAXY Note Edge』、『Gear VR』などの新製品が出展されています。



『GALAXY Note Edge』は、画面の右端を折り曲げたような形状の曲面ディスプレーを搭載したスマートフォン。折り曲げた部分はサブディスプレーとして、アプリのショートカットや通知、アプリのメニュー表示などに利用できます。


たとえば動画を再生しているときは、動画の上に重ならないようにメニュー表示と操作が可能になります。


国内では未発表ながら、既にテレビCMの放送も開始しているというのが不思議な『GALAXY Note Edge』ですが、国内で販売されることは確実な模様。同じく未発表のウェアラブル端末『Gear S』と一緒に、『東京ゲームショウ2014』開幕と同日の9月18日から全国の“GALAXY SHOP”でも先行展示が開始されています。




サムスン電子の今回のゲームショウ出展の狙いは、ヘッドマウントディスプレー『Gear VR』のお披露目。『Oculus Rift』のOculus VR社と共同開発した製品で、『GALAXY Note 4』を装着するとVRコンテンツが楽しめるというもの。ブースでは、海中で魚が泳ぐ様子を観察できるデモを体験できます。


ブースではほかにも、スマートフォンを装着して利用できるBluetoothゲームコントローラー『GamePad』などを体験することができます。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP