ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは前田敦子の日常? 素の表情がじんわり染みるショートムービーが泣ける

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


山下敦弘監督作品『苦役列車』『もらとりあむタマ子』や、黒沢清監督作品『Seventh Code』など、数多くの監督・クリエーターに起用される女優・前田敦子さん。テレビドラマへの出演や、今年は舞台にも活躍の場を広げています。そんな前田敦子さんが主演を務めるショートムービーが、スキンケアブランド『肌研(ハダラボ)』公式サイトにて公開されています。


これは『肌研』10周年を記念したもの。その内容はというと「母と娘」をテーマにしたドキュメンタリー調の作品。仕事帰りの車の中で台本を読み込む、あっちゃん。明日のスケジュールの確認からその多忙ぶりが伺えます。

「母は時々会いに来る、私は時々母を忘れる」。帰宅するとお部屋の掃除や洗濯をしながら、娘の健康を気遣う母親の姿。


その優しさに気付きながらも、母親へのお礼もそこそこに、台本の読み込みに集中するあっちゃん。


自分が今読んでいるセリフと、母親への気持ちが次第にリンクしていき、ついには「これが私の見たかった景色なんだっけ」と涙をこぼしてしまいます。


そのまま寝てしまったあっちゃんは、朝目覚めると母親の作った朝ご飯を見てにっこり。昨日の疲れ顔がウソのような清々しい表情を見せます。肌研の『極潤ヒアルロン酸液』をパシャパシャとつけて、にっこりと微笑むあっちゃん。

ストーリーは日常を切り取った、至ってシンプルなものなのですが、脚本・演出を務めた西川美和監督らしい“おしつけない”演出が絶妙。そして、何と言っても女優・前田敦子の表情が最高でじんわりと感動します。個人的にも前田敦子さんの演技がすごく好きで、もっと評価されるべき! と勝手に息巻いていたので、こうしてまた新しいあっちゃんを観ることができて大満足です。


『肌研』は10周年という事で「発売当初から10年使っています」「母娘で使っています」といった声をもらうことが多いのだとか。スキンケアをする時間は自分と向き合う時間、そして大切な人を感じる時間であって欲しいという想いから、このショートムービーが作られたそう。

最近忙しくてスキンケアもちゃっちゃと済ませていたな……なんてお疲れ女子なら必ず染みるはず。ウェブ限定のフルver.は『肌研』公式サイトでチェック。

極潤 「うるおいは心にも届く」篇 120秒(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=zMPSDlghVU0

前田敦子×肌研10周年
http://www.hadalabo.jp/campaign/

※画像は『前田敦子×肌研10周年』公式サイトより引用。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP