ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【TGS2014】国内未発表の『Xperia Z3』シリーズを先行展示 PS4の『リモートプレイ』も体験可能

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


9月18日に開幕した『東京ゲームショウ2014』。スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナーの“Smartphone Special Area”では今年もAndroidスマートフォン『Xperia』をフィーチャー、国内未発表の『Xperia Z3』『Xperia Z3 Compact』『Xperia Z3 Tablet Compact』の3端末がお披露目されています。



『Xperia Z3』シリーズ3機種は、『IFA2014』で発表されたばかりの最新機種。昨年は『Xperia Z1』、2011年には『Xperia PLAY』が出展されるなど、『東京ゲームショウ』が最新端末をいち早くお披露目する場になっていますね。




5.2インチのフラッグシップモデル『Xperia Z3』、ほぼ同性能で4.6インチのコンパクトモデル『Xperia Z3 Compact』は日本での発売もアナウンスされていますが、8インチタブレット『Xperia Z3 Tablet Compact』は日本で発売するかどうかは不明。日本で発売する可能性はあるのでしょうか。


ブースでは『Xperia Z3』シリーズに搭載される機能で、『PlayStation 4』のゲームをスマートフォンやタブレット上でプレイ可能にする『PS4 リモートプレイ』を体験できます。



『DUAL SHOCK』コントローラーとスマートフォンやタブレットをマウントできる『Game Control Mount GCM10』を使用。


ゲームのプレイは操作への遅延を感じることもなく、『PS4』のゲーム体験そのまま。スマートフォンやタブレットが手元のディスプレーになる印象です。筆者は『Xperia Z3 Tablet Compact』を使用したのですが、8インチあると画面の迫力もなかなかのもの。家族がいてテレビを独占できない人などは、リビングに置いた『PS4』をほかの部屋で快適に遊ぶことができそうです。



ブースでは、この秋スクウェア・エニックスが配信する『FINAL FANTASY VII G-BIKE』の登場キャラクター、クラウド・ストライフがARで出現するデモも出展。一緒に記念撮影することもできます。ほかにもレンズスタイルカメラ『QX1』『QX30』、『SmartWatch 3』が展示されているので、ソニーモバイルの最新機種が気になっている人はブースをチェックしてみては。


shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP