体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【作ってみた】秋の夜長の“オフィス飲み” 『うちの金麦しあわせレシピ』で絶品簡単おつまみ

【作ってみた】秋の夜長の“オフィス飲み” 『うちの金麦しあわせレシピ』で絶品簡単おつまみ

日差しもやさしく、風も涼しくなってきて、秋の訪れを感じるこんな日は、おうちで気のおけない友人や大好きな人とおいしいおつまみを2~3品作って、ゆっくり飲みたい気分。そんなときにぴったりの簡単でおいしい(そしてお酒にも合う!)おつまみを探していたら、かなりビンゴな本が!

『うちの金麦しあわせレシピ』
http://www.suntory.co.jp/beer/kinmugi/mook/index.html

おすすめポイントには「金麦にぴったりの“うち飲み”に合ったレシピが盛りだくさん!」

『金麦』といえばサントリーさんの第三のビール。酒。檀れいさんのCMがいいですよね。私もあんな女性になりたい……というのは置いておいて。

オレンジページから発売されたこの一冊。“うち飲み”、そして“金麦にぴったり”、というフレーズがグッときて、さっそく近所の書店でチェックしてみました。

うちの金麦しあわせレシピ

サイトにも「今活躍中の人気料理家・シェフ21人のとっておきメニューが74点!」とありましたが、なるほどなるほど、お名前を聞いたことがある料理家さんやシェフの名前がずらり。「この人の料理本持ってる!」というお名前も。

オレンジページに5年間連載されていたものをまとめたというこの本。和・洋・中・エスニックとジャンルも幅広く、「ガッツリメニュー」、「揚げもの&フライ」、「大皿メニュー」、「野菜メニュー」、「ごはん&麺メニュー」に分かれて、家飲みによさそうなメニューがたくさん掲載されています。

どれもおいしそう。そしてこの本、税抜き648円、税込みでも700円以下でかなりお得。

でもこれって本当に『金麦』に合うのかしら。合いそうだけど、一応確かめてみたい、そして飲みたい。ということで、会社の人たちと作ってみることに。

「アスパラつくね焼き」:フライパンひとつでパパッとできる! うちのガッツリメニュー

アスパラつくね焼き 調味料とたっぷりの生姜を加えた鶏挽肉をよく混ぜる

鶏の挽肉に調味料と生姜のすりおろしをたっぷり入れてよく混ぜます。

【作ってみた】秋の夜長の“オフィス飲み” 『うちの金麦しあわせレシピ』で絶品簡単おつまみ

小麦粉をまぶしたアスパラの周りに混ぜた鶏挽肉を焼き鳥のつくねのようにくっつけ、フライパンで焼きます。

アスパラつくねできあがり

買ってきた温泉たまごを上に載せてできあがり。

卵をくずすと…おいしそう!
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。