ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岩井俊二、初の短編アニメ全3話を一挙公開 ロトスコープで描く群像劇

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ショートフィルム「TOWN WORKERS」/「岩井俊二映画祭」より
映画監督や脚本家、音楽家など、マルチに活躍するクリエイター・岩井俊二さんによる、初のアニメーション作品「TOWN WORKERS」が3話一挙に公開された。

これはアルバイト情報誌「タウンワーク」と岩井俊二さんのコラボレーションによって実現した作品で、アルバイトを始めたばかりの若者の日々を、ロトスコープという実写をトレースしてアニメ化する技法で描いている。

岩井俊二の新境地

8月に発表された今回の企画。岩井さんにとってアニメーションは初の試みとなるため、“岩井俊二の新境地”として大きな話題を呼んでいた。

第1話ではガソリンスタンドの店員、第2話ではスーパーの店員、そして第3話では野球場のビールの売り子のアルバイトをする若者の暮らしや心情を、全3話でそれぞれ5分から6分の短編アニメーションで表現している。

3話それぞれのラストに流れるエンディングテーマは、岩井俊二さん、作編曲家でピアニストの桑原まこさん、俳優でありシンガーソングライターの椎名琴音さんの3人からなる音楽ユニット・ヘクとパスカルの2ndシングル「ぼくら」。

ヘクとパスカルは、岩井さんが企画プロデュース・脚本を務めたドラマ「なぞの転校生」の挿入歌「風が吹いてる」で注目のユニットだ。

また、カルチャーニュースサイト・CINRA.netでは、今回のアニメーション制作について語った岩井さんのロングインタビューが掲載されている。

引用元

岩井俊二、初の短編アニメ全3話を一挙公開 ロトスコープで描く群像劇

関連記事

監督は女子高生! 中高生が“いま”を描いた自主制作映画の支援金を募集開始
大森靖子のMVが映画化! 橋本愛×蒼波純出演のMVに新作を追加
STAP細胞事件を予見──小西真奈美、窪塚洋介出演の映画『風邪』公開決定

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP