ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月刊『ムー』の公式認定ショップがオープン 売れ筋商品を聞いてみた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 カルト的人気を誇るスーパーミステリー・マガジン『ムー』の公式認定ショップ「ムーショップ」が話題になっている。

 ムーショップは渋谷区神南のファイヤー通り(編集注:マルイシティ渋谷店付近から岸記念体育会館につながる道の愛称)沿いにあり、JR渋谷駅・原宿駅から徒歩約8分以内という好立地。加えて、明治神宮から流れ出た「気」の通り道に面しているため、お店自体がパワースポットになっているという。

 店内にはオリジナルグッズや世界各地で採れたパワーストーン、エジプトのピラミッドで制作された門外不出の品々、中国三大宗教のひとつ道教の法具や霊符などが所狭しと並んでいる。

 一体どんなものが売れているのか、店主の山崎さんに同店の売れ筋商品について話を聞いた。

 とくに人気の商品について「最も売上が高いのは道教関連の商品です。中でも法印が人気で、一人で数十万円分購入するお客さまもいます。販売数でいうと、ムーショップのオリジナルステッカーが一番人気ですね。ここでしか手に入りませんし、10枚1セットで300円とお求めになりやすい価格。記念に購入する方が多いです」と話す。低価格商品として、今後マグカップや缶バッジを販売する予定だという。

 雑誌のファンが中心だが、専門家も来店するらしい。「神秘のゼロ磁場アイテムといわれるパワー・ジェネレーターは、プロの霊能者が使用するアイテム。これには財運を呼び込む不思議な力があり、2万3千円と高価なものですが2011年の発売以降、累計で1,000個以上、1日で10個以上売れたこともあります」と客層の幅広さを明かす。

 また、商品の販売だけではなく、定期的にセミナーを開催しており「次回は日本ダウジング(編集注:振り子や針金などを使って水脈や紛失物を探す「気」の測定行為の一種)協会の会長による、ダウジング入門セミナーを開催します。毎回参加費を数千円と低価格に設定していますし、ニッチなテーマを取り扱うためいつも大盛況です」とのこと。

 他にも同店ならではの珍しいアイテムが多数揃っている。ぜひ一度足を運び、その魅力と溢れるパワーを体験していただきたい。

■関連リンク
ムックの衝撃的な変顔が怖すぎる
ホラー映画の雰囲気が台無しに
話題の珍スポット「妖怪博物館」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP