体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Qualcommがハードウェアベースの“キルスイッチ”ソリューション「SafeSwitch」を発表

半導体メーカーの米 Qualcomm がスマートフォンの盗難・紛失時にスマートフォンを不正に使用されないようにするための独自のキルスイッチソリューション「SafeSwitch」を発表しました。端末をリモートからロックしたり、ストレージのデータを消去する“キルスイッチ”は、今はソフトウェアで実現しているソリューションがほとんどで、これらはファクトリーリセットや ROM の入れ替えなどの操作で容易にリカバリできます。今回、Qualcomm が発表した「SafeSwich」は、専用のハードウェアチップでキルスイッチを実現したものです。技術的な情報は公開されていませんが、スマートフォンの所有者が端末を失くした場合は、端末をほぼ完全に文鎮化することができ、ファクトリーリセットや ROM の入れ替え、ハッキング・エクスプロイトによってリカバリできないようにします。そして、所有者の元に返ってきた場合は、以前のように利用可能な状態に戻すことができるとされています。SafeSwitch は Qualcomm のセキュリティソリューションの一つに過ぎず、同社はほかにも、バイオメトリクス認証や BYOD 利用のためのセキュリティソリューションも展開する予定です。Source : Qualcomm


(juggly.cn)記事関連リンク
Intex、Android One端末の半額以下のKitKatスマートフォン「Intex Aqua T2」をインドで発売
NVIDIA、SHIELD TabletのLTEモデルを9月30日に欧米で発売、本日より予約受付を開始
NTTドコモ、2014年冬/2015年春モデル発表会を9月30日に開催

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。