ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮崎県の郷土料理「冷や汁」の専門店が東京にできた!冷汁専門店 やおめし – 神谷町

DATE:
  • ガジェット通信を≫


九州は宮崎県の郷土料理で「冷や汁」をご存知でしょうか?

地域や家庭によって多少の作り方など様々ですが、基本的に、いりこと味噌をすり鉢ですったものを焦げ目が付くまで香ばしく焼き、冷たいだし汁に溶かし、きゅうりやシソを加えて、あたたかいごはんのにかけて食べるもので、バランスよく栄養を摂取できる健康食としても近頃では人気です。

その宮崎の家庭料理である「冷や汁」の専門店が、東京の神谷町にあると噂を聞きつけ、さっそく行ってみました。

落ち着きのあるビジネス街・神谷町の東京メトロ神谷町駅から徒歩4分のところに、そのお店、冷や汁専門店「やおめし」さんはあります。

「やおめし」さんは、冷や汁の専門店としてオープンしており、日本初の冷や汁専門店だそうです。テーブル席などは無く、テイクアウト専門で、冷や汁(並盛)が450円、冷や汁(大盛)が500円となっています。その他には、宮崎県で人気の栄養ドリンク「ちほまろ」を購入することができます。東京で宮崎を気軽に堪能することができる貴重なお店ですね!

日本初!冷や汁専門店の看板と、大きな「冷や汁」の垂れ幕が目印です!

テイクアウト専門で、冷や汁(並盛)が450円、冷や汁(大盛)が、500円

冷や汁とごはんが別々になっているのを食べる直前に混ぜます!

冷や汁を混ぜます!

キュウリも、ゴマも、ご飯の上にかけます!

香ばしいごまの香りが食欲をそそります。
きゅうりのシャキシャキとした食感を楽しむことができます!

豪快に冷や汁を混ぜたら、お茶漬けのようにかき込むととても美味しいです!

日本初の冷や汁専門店「やおめし」さんは、テイクアウト専門のお店なのでテーブル席などがありませんが、近所にある東京タワーが見える、芝公園でピクニックのようにレジャーシートを広げて、冷や汁を堪能してみてはいかがでしょうか?

お店: 冷汁専門店 やおめし
住所: 東京都港区麻布台1-10-3
営業: 11時~14時(テイクアウト) *9月中旬を目処に、夜の営業も始める予定
定休: 土曜、日曜、祝日

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/
Via: やおめし

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP