ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『iPhone 6』『iPhone 6 Plus』購入予定の若者は注目! 月3000円で運用する裏技がある

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


いよいよ9月19日に発売が決まった『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』。AppleのSIMフリー版に続き、予約受付を開始した本日、auとソフトバンクから本体価格が発表されました。購入した後には月々の実質負担額で分割の支払いがあるほか、当然料金の支払いがあるので、月々の運用にいくらかかるかも今から検討しておくべき。この記事では、月3000円の最安値で『iPhone』を運用できるという裏技を解説していきます。

月3000円で『iPhone』を運用できるのは、親がスマートフォンの新しい料金プランを利用している25歳以下の若者。上手に親のすねをかじって割引きを利用すれば、月3000円の料金に納めることができるのです。期待していた26歳以上の読者の皆さん、ゴメンなさい……!


まずドコモ。親がドコモのスマートフォンで、国内通話が24時間無料の『カケホーダイプラン』と月々のデータ通信量を定額で契約する『パケットパック』を利用している場合、家族が使う2台目のスマートフォンはパケット通信のデータ量を家族で分け合える『シェアパック』が利用できます。パケット料金を親に出してもらう“すねかじり作戦”で、パケット料金の負担をなくせるというわけです。

これにより、2台目として『iPhone』を契約する若者は『カケホーダイプラン』の基本使用料2700円とISP『spモード』の月額料金300円だけ支払えば、パケット料金なしで運用可能になります。

ただし、2台目の利用には『2台目プラス』の定額料金、月500円がかかります。でもこの500円は、利用者が25歳以下であれば『カケホーダイプラン』の使用料から500円が割引きにはる『U25応援割』で相殺される仕組み。

月々の運用は

基本使用料2700円+月額使用料300円+2台目プラス500円-U25応援割500円=3000円

になります。

カケホーダイ&パケあえる : 料金表 | 料金・割引 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/new_plan/bill_plan/index.html[リンク]


続いてソフトバンク。親がソフトバンクのスマートフォンで24時間国内通話がかけ放題の『スマ放題』に加入、データ定額パックを利用している場合、家族の利用は『家族データシェア』でパケット通信のデータ量をシェアすることができます。こちらもパケット料金を親に出してもらう“すねかじり作戦”で、パケット料金の負担をなくすことができます。

2台目として『iPhone』を契約する若者は『スマ放題』の基本料金2700円とISP『S!ベーシックパック』の月額料金300円を払えば、パケット料金なしで運用が可能に。

『家族データシェア』には月額500円がかかりますが、25歳以下の割引きサービス『U25ボーナス』で月額500円の割引きが適用され、相殺可能に。

月々の運用は

基本料金2700円+月額使用料300円+家族データシェア500円-U25ボーナス500円=3000円

となります。

料金体系 | iPhone | 料金・割引 | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/iphone/sumahodai/details/[リンク]
家族データシェア | オプション・割引 | 料金・割引 | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/options/datashare/[リンク]
U25ボーナス | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/sumahodai-u25/[リンク]

auは残念ながら家族間でパケット通信をシェアするプランがないため、最低でも月2GB、3500円のデータ定額サービスに契約する必要があります。親がドコモかソフトバンクでスマートフォンの新料金プランを契約しているという人は、『iPhone 6』『iPhone 6 Plus』購入時に上記の裏技使用を検討してみてはいかがでしょうか。特にドコモの新料金プランは契約者数が800万人を突破したと発表されているので、裏技が使える若者は多いのでは。さらに、ドコモでは使わなかったデータ量を翌月に繰り越せる『パケットくりこし』が10月から利用可能。ソフトバンクのデータくりこしは『家族データシェア』『U25ボーナス』と併用ができないので、その点はドコモが有利といえそうです。

画像:Apple、ドコモ、ソフトバンクのウェブサイトより引用

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP