ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、2015年のエントリーモデル向けにLTEをサポートした新プロセッサ「Snapdragon 210」シリーズを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Qualcomm は 9 月 10 日、2015 年に発売されるエントリーレベルのスマートフォン・タブレット向けに Snapdragon ファミリーの新製品「Snapdragon 210」シリーズを発表しました。Snapdragon 210 は、現行の Snapdragon ファミリーではローエンドの Snapdragon 200 シリーズに相当するプロセッサシリーズです。Snapdragon 210 の一つ「MSM8909」は、Cortex-A7×4 CPU と Adreno 304 GPU、MDM9x25 世代の通信モデムなどをワンチップに統合しています。製造プロセスは 28nm です。既存の Snapdragon 200 シリーズと比較して大きな違いは LTE Category4 に対応したことです(従来は2G/3Gのみでした)。LTE による高速データ通信だけではなく、10MHz×2 のキャリアアグリゲーションにも対応しています。このほか、RAM が LPDDR3 (@533MHz)に対応し、1080p 動画の撮影、H,265 / HECVのハードウェアエンコード/デコード、LTE デュアル SIM ・ デュアルスタンバイ、Qualcomm Quick Charge 2.0 にも対応しました。Qualcomm の発表によると、Snapdragon 210 を搭載した商用製品は 2015 年上半期より発売されるとのことです。Source : Qualcomm


(juggly.cn)記事関連リンク
曲名検索アプリ「TrackID」がリニューアル、履歴の同期も可能に
Gear Cirlceに隠されたギミック、イヤホン同士が繋がる
Anroid用Operaブラウザ v24がリリース、YouTubeやDailymotionなどのWEBサイトから動画をMP4形式でダウンロードすることが可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP