体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

菌活?! 月島もんじゃにきのこがおいしく繁殖中!

もんじゃ

もんじゃ焼きで有名な月島では今、“菌活”がまっさかり。“菌活”というのは、きのこなどの「体に有益な菌類を食べていきましょう!」というムーブメント。

今回は『菌活』が実際にどんな状況なのか、実際に月島のお店に出向いてレポートしてみたいと思います。ちなみに「菌」って漢字、実は「きのこ」って読めるそうです。知ってました?

“ひめぜん”~企業秘密のダシは味わい濃厚、食べ応えバツグン

ひめぜん

表通りから少しだけ脇に入った場所にある“ひめぜん”は4月オープンのニューフェイス。

IMG_0053s IMG_0258s

1階は南国すら感じさせるスッキリとした雰囲気なのに対し、2階は和室の落ち着いた内装です。ビールはもちろん、ワインやシャンパンまで取りそろえているのは、食事としての幅広さをうかがわせます。

まずこちらで戴いたのはこちらの2品。

『きのことやまいもトロトロ菌活鍋』(1620円)
『マイタケの里』(1100円)

“菌活”を手軽に楽しめる、今年注目の食べ方である“菌活鍋”と、“菌活もんじゃ”が食べられるお店です。

IMG_0059s IMG_0057s

『きのことやまいもトロトロ菌活鍋』の具材は鶏肉やネギ、ニンジンそしてたっぷりのブナシメジとマイタケ、エリンギです。和食の旨味がしっかり取られたダシと塩麹が味の決め手。

山芋はひとまずさておき、ホイルをかけてお鍋が煮えるのを待ちます。

IMG_0066s IMG_0069s IMG_0094s IMG_0114s IMG_0134s

その間に、もんじゃ『マイタケの里』を調理です! 

『マイタケの里』はその名の通り、たっぷりのマイタケに、キャベツ、かつお節、切りイカ、桜えび、そして大粒の梅干し。これらが手際よくミキシングされたかと思うや、あっという間に広がったのはもんじゃの海。

IMG_0144s IMG_0166s

適度に降られた青のりと一緒に口に運ぶと、しっかりとした下味の上でそれぞれの素材が際立つ絶妙なバランス。海の幸、山の幸それぞれが混じりあったかと思うと、梅干しの酸味で爽やかに収束。なるほど、いろいろな種類のお酒と合うというのもうなずける上品さです。

IMG_3748_s
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。