ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スクエニ、Android / iOS対応のゲームストリーミングサービス『DIVE IN(ダイブイン)』を10月9日に開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫


スクウェア・エニックスは 9月9日、スマートフォン・タブレット向けのゲームストリーミングサービス『DIVE IN(ダイブイン)』を 2014 年 10 月 9 日に開始すると発表し、ティザーサイトを公開しました。

『DIVE IN』は、G クラスタの技術を採用したゲームストリーミングサービス。専用アプリ『DIVE INビューワ』(Android / iOS 版あり)をスマートフォンやタブレットにインストールすることで、スクエニのゲームタイトルをストリーミング形式でプレイすることができます。クラウドゲームサービスなので、タイトル別にゲームアプリを購入したり、大容量のゲームファイルをダウンロードするなどの手間をかけずにスクエニゲームを利用できます。

10月9日に配信されるゲームタイトルは、『ファイナルファンタジーXIII』、『ファイナルファンタジー VII インターナショナル』、『Season OF Mystery:The Cherry Blossom Murders』の3タイトル。プレイ料金は期間別の「ゲームプレイ権」によって異なります。ゲームプレイ権のラインアップは、3日間利用料150~250円+税、10日間利用料300~510円+税、30日間利用料800~1250 円+税、365日間利用料1185~1800 円+税。全タイトル30分間は無料で試せます。
Source : スクエニ(DIVE IN ティザーサイト)


(juggly.cn)記事関連リンク
JAWBONE、UPアプリのAndroid Wear・iWatch・Windows Phone・他社の活動量計のサポートを今週中に発表か?
IFA 2014 : Galaxy Alphaの製品パッケージが展示される、従来から若干変化
Android版Facebookメッセンジャーで画像への書き込み(キーボード入力 / 手書き)が可能に

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP