ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

斎藤工・貫地谷しほりが『西遊記』で日本語吹替に初挑戦 斎藤工「近年アジア映画で最も劇場で体感すべき」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『少林サッカー』『カンフーハッスル』などのチャウ・シンチー監督6年ぶりの最新作にして、2013年の中国映画興行記録1位のメガヒット作『西遊記~はじまりのはじまり~』の日本公開が、11月21日(金)に決定。さらに、本作の日本語吹替キャストに、俳優の斎藤工さんと女優の貫地谷しほりさんが参加することが明らかになりました。斎藤さんは、後に三蔵法師と名を改めることとなる、主人公の妖怪ハンター・玄奘(げんじょう)。貫地谷さんは、原作の『西遊記』には登場しない映画オリジナルキャラクターの女妖怪ハンター・段の吹替を担当します。


三蔵法師、孫悟空、沙悟浄(さごじょう)、猪八戒(ちょはっかい)とともに天竺(てんじく)を目指すという、日本でもおなじみの『西遊記』。今回の映画では、その4人が出会うまでの物語をオリジナルストーリーで展開します。三蔵法師は玄奘という名前の若き妖怪ハンターとして登場し、凶悪な妖怪には善の心を呼び覚まそうと“わらべ唄”を武器に立ち向かいますが、いつも失敗ばかり。師匠には「お前にはほんの少し“何か”が足りない。修行に励め」と諭され、ほんの少し足りない“何か”を追い求めて奮闘する姿が描かれます。さらに、先輩妖怪ハンターとして妖怪退治を助ける一方で玄奘に恋心を寄せる段が、玄奘との不器用ではかない恋を繰り広げる展開も見どころです。この段という役柄は、先輩として頼もしい一面を見せつつ、途中から玄奘へのデレデレっぷりが止まらなくなり最高にキュートなのですが、そんな段を貫地谷しほりさんがどのように演じるのか今から楽しみです。

かなりの映画好きで知られる斎藤さんは、「チャウ・シンチー作品のファンとして、近年アジア映画で最も劇場で体感すべきこの『西遊記』。好奇心と責任感を持ち、命を吹き込ませていただきます」と強い意気込みを見せています。同じく貫地谷さんも、「大好きなチャウ・シンチーさんの作品にこの様な形で参加出来るとは思いもよりませんでした! 初めての映画の吹替のお仕事、心と気合を詰め込みまくりたいと思います!」と気合十分。意外にも、斎藤さん、貫地谷さんともに映画の吹替は初挑戦。チャウ・シンチー監督らしいユーモアとシュールな笑いがたっぷり詰まった新しい『西遊記』の物語へ、お二人がどのように声を当てているのか、日本語吹替版の本編にも期待が高まります。

『西遊記~はじまりのはじまり~』公式サイト:
http://saiyu-movie.com/

(C) 2013 Bingo Movie Development Limited

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP