ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2014 : Huawei、64bit対応のSnapdragonプロセッサを搭載した新型スマートフォン「Ascend G620S」と「Ascern Y550」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei が IFA 2014 イベントで、64bit 対応の Snapdragon プロセッサを搭載した新型スマートフォン「Ascend G620S」と「Ascern Y550」を発表しました。Ascend G620S は 5 インチ画面のミッドレンジモデルで、Ascend Y550 は 4.5 インチ画面のエントリーモデルです。どちらにも、64bit に対応した Qualcomm の Snapdragno 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサが搭載されています。IFA 2014 では、Android 4.4 (KitKat)+Emotion UI 2.3 を搭載したデモ機が展示されていましたが、今秋リリース予定の「Android L」にバージョンアップされると、性能面で本領を発揮すると予想されます。Ascend G620S は、5 インチ 1,280×720 ピクセルの IPS 液晶、1GB RAM / 8GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、2,000mAh バッテリーを搭載。LTE Category 4 (下り最大 150Mbps)に対応しています。Ascend Y550 は、4.5 インチ 854×480 ピクセルの IPS 液晶、1GB RAM / 4GB ROM、背面に 50 0 万画素カメラ、前面に 30 万画素カメラ、2,000mAh バッテリーを搭載。LTE Category 4(下り最大 150Mbps)に対応しています。Ascend G620S の価格は £150~200 / $250~$330。Ascend Y550の価格は €99 / $165 です。どちらも海外において今年 10 月に発売される予定です。Source : Mobile Geeks


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3シリーズの新しい画面モード「ダイナミックモード(Super-vivid mode)」がXperia Z2に移植される
米Logitec(Logicool)、スマートフォンやタブレット、PC を切り替えて利用できるスタンド付きBluetoothキーボード「Bluetooth Multi-Device Keyboard K480」を9月12日に発売
「Meizu MX4 Pro」は4GB RAM、1,300万画素フロントカメラを搭載か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP