ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプリで気軽に脳トレ!元ヘルスケアコンサルタントが手がける「Memorado」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もっと記憶力を良くしたい、仕事のスピードを上げたい、思考力を高めたいなど、何かしら”脳力”を高めたいと思っている社会人はかなり多いのではないだろうか?

一方で、そのような想いはあるものの、体を鍛えたい場合はジムなどにいけばいいが、脳を鍛えたいと思ってもどのように鍛えたらいいのかわからないという人もいるかもしれない。

ただ、そんな方々に朗報だ。スマホさえあれば、どんな所でも簡単に自分の”脳力”を高められる可能性のあるアプリが今話題となっている。

それは「Memorado」という、いわゆる”脳トレ”ゲーム。手軽なミニゲームをすることで、楽しみながら脳を鍛えることができるのがウリだ。

“Speed”、”Logic”、”Concentration”、”Reaction” 、”Memory”という大きく5つの脳力アップにフォーカスしており、それぞれの中から、自分の目標に応じたミニゲームがレコメンドされる。

ユーザーの高めたい力によってそれぞれパーソナライズされたゲームがレコメンドされる点が大きな特徴だ。

またこのサービスは、元々外資系コンサルティングファームでヘルスケア業界に携わっていた人物が創業メンバーにいることに加え、脳化学のリサーチに時間をかけ、着実に脳力が上がるように設計されている点も注目を集めている。

他の海外サービスに比べれば、英語が読めなくても比較的使いやすいサービスなので、気になる方は是非チェックしてみてはいかがだろうか?

Memorado

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP