ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『SR サイタマノラッパー』メンバーが集結? 二階堂ふみがキュートなアイドルを演じた映画『日々ロック』のライブシーンに秘話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2010年から『週刊ヤングジャンプ』で連載中の榎屋克優によるコミック原作にして、『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督の最新作『日々ロック』が、11月22日(土)より公開となります。

【関連記事】ドSでキュートな二階堂ふみにメロメロ 映画『日々ロック』のロック過ぎる予告編が公開
http://getnews.jp/archives/644893[リンク]

今作で注目を集めているのが、ヒロインの宇田川咲を演じる二階堂ふみさん。そのキュートな見た目とは裏腹に、酒好きで乱暴でおまけに口も悪いという型破りなアイドルを演じています。映画の見どころのひとつでもある、宇田川咲のライブシーンは、約2200席のキャパを誇る、東京ディズニーリゾート内の舞浜アンフィシアターを借り切って撮影されたそう。そのライブ当日まで、荒っぽい性格の彼女しか知らなかった主人公・日々沼拓郎(野村周平)たちは、観衆を熱狂させる圧倒的パフォーマンスに唖然(あぜん)。拓郎たちが、カリスマアイドルとして戦っている咲の姿を初めて実感する大切な場面です。


映画の撮影とはいえ、約2200席を埋め尽くす観客を前にして、アイドルとして会場を盛り上げるパフォーマンスを要求されるのは本人にとっても相当なプレッシャーがあったはず。そんな中、撮影現場では入江監督からちょっとしたサプライズがあったことが明らかとなりました。二階堂さんがステージに登場する前、入江監督の代表作である映画『SR サイタマノラッパー』のキャストたちが応援に駆け付け、オーディエンス役のエキストラたちに対し、ライブでのノリ方の手本を示してくれたとのこと。


ステージ上で、「もっとテンション上げていこ〜!」とダミ声で叫んだのは、シリーズ3作目『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』では主演を務め、「埼玉生まれブロ畑育ち、山の幸とはだいたい友達」というパンチラインでおなじみのMC MIGHTY(マイティ)こと奥野瑛太さん。ヒップホップグループ“SHO-GUNG”の小市民ラッパーMC TOMこと水澤紳吾さんは、トレードマークのタオルを首から下げて、ところせましとステージをぴょんぴょん跳び回り、そのほかもおなじみの面々がズラりと集結しました。ハイテンションのオーディエンスに対し、「みなさん素晴らしい! ばっちりOKです!」と監督から声が掛かると、二階堂さんは客席の熱気の凄さを目の当たりにし、予定されていたダンスリハーサルを中止してそのまま本番に入ることを決めたそうです。そんな豪華なライブ会場、お金を払ってでも行ってみたいよ!

『日々ロック』予告編(YouTube)
http://youtu.be/FDPTCnsGf6k

現在公開されている予告編では、咲のライブシーンをほんの一瞬だけ観ることができます。Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅを彷彿とさせるテクノ系デジタルサウンドの楽曲を、映画本編ではたっぷりと堪能できるのでしょうか。今から期待が高まります。

映画『日々ロック』公式サイト:
http://hibirock.jp/

(C)榎屋克優/集英社 (C)2014「日々ロック」製作委員会

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP