ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1年分家賃が無料!? 家具も選べて太っ腹すぎ『運命のお部屋』プレゼントキャンペーンで憧れの街に住める!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

イメージ部屋画像
みなさんは住んでみたい憧れの街はありますか? でも人気の地域で家賃が高いからなぁ、と住むのを諦めたりすることもありますよね。しかし、もしその家賃が1年分無料になるとしたら……? そんな夢のキャンペーンが今実施中なんです!

サイトTOP1
大東建託は、1年分の家賃が無料になる『運命のお部屋』プレゼントキャンペーンを9月1日~11月30日まで実施。毎月1名に1年分の家賃が無料の『運命のお部屋』が当たります! キャンペーンでは、お好きなお部屋を日本全国から選択可能で、必ずあなたにぴったりの『運命のお部屋』が見つかります。

ずっと憧れていたあの街のお部屋、趣味を思う存分満喫できるお部屋、行ったことのない地域のお部屋など、今まで出会うことのできなかった、一生で一度の『運命のお部屋』に巡り合うことができるかもしれません。

毎月のまとまった家賃の支払いはけっこう負担の大きいもの。それが1年分も無料なんて、とても太っ腹なキャンペーン! 2年住むとしたら、半額で憧れの街やお部屋に住めちゃうってことですもんね。

この機会に、あなたの個性やライフスタイルに合わせたお部屋で、新たな人生をスタート! 住む場所も変わればライフスタイルも変わり、交流する人たちも変化するもの。“お部屋”だけでなく、 かけがえのない友だちや仲間、もしかしたら一生涯を共にする“運命の人”との出会いも期待できるかも!?

ショップジャパン・トゥルースリーパー
さらに、毎月変わる豪華プレゼントもお部屋と一緒にプレゼント。第1弾の9月は、ショップジャパンのカタログからお好きな製品をプレゼント。しかも製品も1個だけではなく、23カテゴリーの中からそれぞれ1個ずつ(最大23個)選択可能! 家具をそろえる手間もなく、引っ越したその日から新生活をスタートさせることができるんです。

ベッドやソファ、テーブル、収納……新生活の家具もかなりの出費になります。それを23カテゴリーのなかから“それぞれ”選んでもらえちゃうってこと!? なんて至れり尽くせりなキャンペーン……! これは、『運命のお部屋』探しに参加するしかありませんね。

お部屋を契約した人にもスタイリッシュなハートグッズが当たる!

『運命のお部屋』キャンペーンと並行して、9月1日~11月30日の期間中に、大東建託のお店でお部屋を契約すると、抽選で『運命のお部屋』ハートグッズを合計40名にプレゼント。

サイト②
アルティ・エ・メスティエリの壁掛け時計や、ル・クルーゼのココットなどハートモチーフでもスタイリッシュでオシャレな使えるアイテムをそろえています。ボックス付きのリーデルのグラス・デカンタセットなど、欲しいけど自分で買うタイミングを逃してしまいそうなものも、こういった機会だと手に入れることができるのでいいですよね。ハートがデザインされたデカンタなんてあまりないので、ちょっと欲しいかも。

『運命のお部屋』プレゼントキャンペーンでは今後も、第2弾(10月)・第3弾(11月)と豪華プレゼントを用意。キャンペーンで夢にみた新生活を手に入れちゃいましょう!

【『運命のお部屋』プレゼントキャンペーン概要】
<1年分の家賃が無料!>

キャンペーン期間:
2014年9月1日(月)~2014年11月30日(日)
賞品:
・お好きなお部屋1年分の家賃が無料
・第1弾(9月) ショップジャパン製品23カテゴリーの中から各1製品
(第2弾、第3弾のプレゼントは後日公開)
※第1弾(9月)・第2弾(10月)・第3弾(11月)、上記2つが毎月1名様に当たります。(全3名様)
応募方法:
『運命のお部屋』プレゼントキャンペーンサイトにアクセスし、応募フォームよりご応募いただけます。
サイトURL:http://e-heya.kentaku.net/campaign/1409_unmei/

<ハートグッズをプレゼント!>
キャンペーン期間:
2014年9月1日(月) ~2014年11月30日(日)
賞品:
・リーデル ペアグラス+デカンタセット 10名様
・ル・クルーゼ ココット・タムール+ラムカン・ダルーム(2個) 10名様
・アルティ・エ・メスティエリ ハート&アロー 20名様
応募方法:『運命のお部屋』プレゼントキャンペーンサイトでご確認ください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。