ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「憤りを感じる」「はらわたが煮えくりかえる」池上彰氏の原稿掲載拒否問題 朝日新聞の現役記者からも疑問の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

9月2日、週刊文春のサイトにて

池上彰氏が原稿掲載拒否で朝日新聞の連載中止を申し入れ

という記事が掲載された。

池上彰氏が朝日新聞に月イチで連載している「新聞ななめ読み」にて、朝日新聞の慰安婦報道検証について「朝日は謝罪すべきだ」と記述したところ「掲載できない」と言われ、池上氏は連載中止を申し入れたというもの。

このニュースに対し、ネット上を中心に朝日新聞への批判がかなりあるようだ。
また、朝日新聞の現役記者も『Twitter』上にて自社のこの対応を批判している。

神田大介・テヘラン支局長(@kanda_daisuke)は



「事実だとすれば極めて残念であり、憤りを感じる。」

とツイートし、武田肇・大阪本社社会部記者(@hajimaru2)は


「私は組織に忠実な企業内記者の一人ですが、夕方、このニュースを聞いて、はらわたが煮えくりかえる思いでした。極めて残念です(査定に響きませんように…)」

とツイートしている。いずれのツイートに対しても、様々な返信が寄せられているようだ。
この問題、今後も尾を引きそうである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP