ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生まれる前のヒナの気分が味わえるたまご型カプセル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Baobed

狭いところにいると、なぜか落ち着くということはないだろうか。

日本が発祥の“カプセルホテル”もそうだが、限られたスペースのなかにいると、どこか守られているような気分になるという人は多いようだ。

大自然にコロンと置かれた、このたまごのようなカプセルの名は「Baobed(バオベッド)」。

Baobed

木から吊り下げれば“ツリーハウス”になり、ビーチや草原に置けば、テント代わりの休憩スペースにもなる。

Baobed

サイズが155×200cmのダブルベッドに、オプションとして本格仕様のマットレスや寝具、蚊帳といったインテリアも発注可能なので、簡易スペースというよりは、自分の寝室ごとリゾートにやってきたようなリラックス感が味わえるそう。

Baobed

3つの小窓やドアを開け放し、波や風の音、小鳥のさえずりなどを聞きながら眠りに落ちれば、それは至福のとき。

Baobed

もちろん、紫外線や突然の雨からも守ってくれる。

いまのところまだ商品化はされていないが、野外フェスやキャンプでこんな宿泊施設があったら利用してみたい!

Baobed

Baobed Concept

http://baobedconcept.com/

ツリーハウス(まとめ)

The post 生まれる前のヒナの気分が味わえるたまご型カプセル appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。