ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渋谷区神宮前の毛沢東スペアリブと黒チャーハン / シャンウェイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

神宮球場から徒歩5分。ちょっとしたオシャレな飲食店が並ぶ外苑西通りに、ここでしか食べられない絶品中華料理があるという。

その料理とは、毛沢東スペアリブと黒チャーハン。

雑居ビルに思える小さな建物に、家庭料理鉄板中華『シャンウェイ』がある。

ここには腕利きのシェフが数人おり、人当たりの良いウェイターもいる居心地の良い店。

毛沢東スペアリブは、あらかじめ味付けをしたスペアリブをカラッと揚げて、そこに唐辛子、ニンニク、クミン、海老など、クリスピーなスパイスをふりかけて山盛りにしたもの。

これ、箸やフォークで食べるもんではない。豪快に手づかみでガブリとかじりつくのが料理への礼儀。

いや、単にそれが一番食べやすい方法なのだが、脂身がジュワジュワと液状化現象を起こし、サクサクの表面とスパイスに脂が溶け込んでたまらない!

スパイスだけを食べるとかなり辛いので注意が必要だが、そこは台湾ビールで解消(辛さを消すのに2本くらい必要かも?)。

この毛沢東スペアリブは裏メニューなので、メニュー表に載ってない。

黒チャーハンは、高山烏龍炒飯(ウーロン茶入り)と並んで人気のメニュー。

チャーハンは食事という意味が強い料理だが、黒チャーハンは強くて濃い醤油風味のガッツリ系なので、ビールと一緒に食べると絶妙なおつまみ的存在となる。できれば3~4人で分けて食べたい。

びっくりするほど大きいシャンウェイ餃子も注文すべき一品。

モチモチとした皮は片面だけがカリッとキツネ色に焼かれており、食べればふわっとした具が熱い汁と共に溢れ出す。

一度蒸してから焼くので、蒸し焼きする普通の餃子よりも肉汁が逃げない。具の肉が圧縮されずに柔らかいため、肉特有の優しい味が体験できる。

沖油紅油鶏も捨てがたい選択肢。

雛鳥を長時間蒸し上げた料理で、仕上げはシャンウェイ特製のネギ醤油。ねぎ、干し海老、生姜と一緒に蒸し上げる事によって風味を増し、香ばしさをねぎ醤油でつける。

この料理はシャンウェイの名物になっているのだが、その秘密は味だけではない。なんと、鶏肉の骨まで食べられるのだ。つまり、この皿にのっている物はすべて食べる事が出来る。

長時間丁寧に蒸すことにより、骨がほろほろと崩れるくらい柔らかくなっているのだ。その味もまた、格別である。

・このお店のポイント

人気店のため来店前に予約するのが無難

毛沢東スペアリブは売り切れる場合もある

味付けは濃いめ

狭いので1~4人で行くのがベスト

カウンターに座ると調理が見られて楽しい

シャンウェイ

住所:東京都渋谷区神宮前3-7-5

時間:11:30~14:30 18:00~23:00

休日:不定休

最寄:地下鉄銀座線 外苑前駅3番出口から徒歩4~5分

毛沢東スペアリブ680円、黒チャーハン1200円、シャンウェイ餃子4個800円、沖油紅油鶏半羽1680円、高山烏龍炒飯840円、陳麻婆豆腐1200円、大シュウマイ2個500円、上海やきそば1000円

執筆:東京メインディッシュ http://main-dish.com/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP